現状の最高EV ポルシェ・タイカン・ターボS 4ドアポルシェで1番の楽しさ

公開 : 2019.09.27 09:50  更新 : 2021.02.10 17:27

ポルシェ初の純EV、タイカンでトップグレードとなるのが761psのターボS。2305kgの車重を持っていますが、英国編集部は4ドア・ポルシェの中で最も運転が楽しいと認めています。北欧のノルウェーで評価しました。

もくじ

ターボSの価格は13万8826ポンド(1874万円)
800Vのシステムに93.4kWhのバッテリー
本物のポルシェらしい運転感覚
パナメーラやカイエンより運転が楽しい
直接的なライバルはAMG GT 4ドアクーペ
ポルシェ・タイカン・ターボSのスペック

ターボSの価格は13万8826ポンド(1874万円)

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

ポルシェ・タイカンというハンサムな4ドアEVは、現状で世界最高のEVでもあると思う。トップグレードとなるターボSの英国価格は、オプションを付けない状態で13万8826ポンド(1874万円)もするから、必然でもある。

EVなのに、ターボという名前が付いている。テスラのスーパーチャージャーが急速充電器だったり、オートパイロットが完全な自動ではないことと同じ。ポルシェにとっての「ターボ」は、パワーアップされたモデルが得るサブブランド名のようなものだとポルシェは話しているが、読者のイメージはいかがだろう。

 ポルシェ・タイカン・ターボS
ポルシェ・タイカン・ターボS

タイカン・ターボSはとてもパワフル。短時間だけパワーアップするオーバーブースト機能を効かせた数字ながら、最高出力は761psで0-100km/h加速は2.6秒。Sの取れたタイカン・ターボでも、679psを発生する。こちらの価格は11万5828ポンド(1563万円)。オーバーブーストを使わないと、両車ともに625psに設定されているのが興味深い。

今後さらに安価でパワーも抑えられた、ターボではないタイカンが登場する予定。お金持ちのアーリーアダプター(新しい物好き)なら、ターボということだろうか。

ポルシェとして初めての純EVとなるが、既にハイブリッドはレースカーや量産モデルで提供してきた。ル・マン24時間レースで優勝した919は電圧800Vによるハイブリッドだったし、パナメーラ・ターボS Eハイブリッドは、テスラ・モデルSの「ルディクラス(あきれる)・モード」の撮影についていけるほど速い。

800Vのシステムに93.4kWhのバッテリー

タイカン・ターボSの加速性能はパナメーラを上回る。エンジンがないのに。5ドア・ハッチバックのボディはパナメーラよりわずかに小さく、プラットフォームはEVのための新設計。巨大なリチウムイオン・バッテリーがフロアに敷かれている。

ターボとターボSのバッテリーの容量は93.4kWhで、ターボの航続距離は国際基準のWLTP値で450kmとなっている。ターボSの方は426kmだという。空気抵抗(Cd)値は、ターボが0.22でターボSが0.25と、わずかにターボの方が悪い。

 ポルシェ・タイカン・ターボS
ポルシェ・タイカン・ターボS

モーターはフロントに1基、リアに1基が搭載され、4輪駆動となる。リアのモーターには2段のトランスミッションが付くが、基本的には2速で走行するという。1速目は低速度でのアグレッシブなドライブモードで機能する。

ターボSの方には、アクティブ・リアステアリングにカーボンセラミック・ブレーキ、大径ホイールと高出力なオーバーブーストを許容する大容量インバーターが標準装備される。ターボとの装備上の違いはそれほど多くはないといえる。

タイカンに搭載されるEVシステムは、通常のEVの倍近い電圧となる800Vで動作する。ポルシェによれば、電圧を倍にすることでケーブルに流れる電流を半分に減らせるため、ケーブルの太さも細くでき、取り回しも良くなるという。軽量化にも繋がり、400Vのシステムと比較して40kg以上も軽いそうだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事