【喜びは一般道からサーキットへ】アルピーヌA110 S 試乗 引き締まった足と+40ps

公開 : 2020.01.22 10:20  更新 : 2021.05.13 12:00

標準のA110よりひと回り大きいパワーと高いハンドリング精度が与えられたA110S。秀逸のスポーツカーといえるアルピーヌを、更に引き立てることはできたのでしょうか。 英国の山岳路で、Sの魅力を確かめました。

パワーアップだけではない高速化メニュー

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
AUTOCARでは、満点の最高評価を獲得したアルピーヌA110。標準モデルより、A110 Sが本当に良いのかどうか、気になる点はそこに尽きる。アルピーヌとしても、自慢の軽量スポーツカーに「S」バージョンを用意する意図は、本来、標準モデルより良いクルマを追加することにあるはず。

A110 Sへは40psのパワーアップに短いスプリング、硬いアンチロールバー、大径のブレーキと幅広のタイヤが与えられている。内容的には、他メーカーがクルマを速くしようと考えた時に施すメニューと同じ。大抵は同時に、運転体験もより良いものになると主張される。

アルピーヌA110 S(欧州仕様)
アルピーヌA110 S(欧州仕様)

アルピーヌによれば、標準のA110は既に狙った通りのクルマに仕上がったとしている。改良を加え、よりシリアスなモデルを準備する予定はない。このA110 Sは単に別のバージョンで、主にサーキット向けの味付けを施したクルマとのこと。上下関係は存在しないようだ。

A110 Sの英国での価格は5万6810ポンド(812万円)で、同等の装備を持つA110より7000ポンド(100万円)ほど高い。販売台数はA110とA110 Sとの比は3:1になると見込まれている。

今回の試乗車には2208ポンド(31万円)のカッコいいカーボンファイバー製ルーフに、936ポンド(13万円)の鍛造ホイールが追加されている。

ほかにも細かなオプションが追加され、試乗車は総額で6万3000ポンド(900万円)。この金額は6気筒のポルシェケイマンGTSとほぼ同額となる。

ボディサイズや雰囲気からすると、明確なライバル関係にもある。いつか比較する日も来るだろう。だが、新しいポルシェ製自然吸気4.0Lフラット4が、アルピーヌの2.0L直列4気筒ターボと比較対象となるのかは、疑問を感じるところだ。

ケイマンより遥かに軽量な1114kg

ケイマンにはない部分は、サスペンションが4輪ともに機能で優れるダブルウイッシュボーン式になることと、軽量なオールアルミ構造となるところ。

アルピーヌの方がボディは小さいし、性能や価格も控え目。それでも個性は全く萎縮していないし、特別感は強いかもしれない。同じミドシップ・レイアウトでも車重は1114kgと、ケイマンより遥かに軽い。

アルピーヌA110 S(欧州仕様)
アルピーヌA110 S(欧州仕様)

A110 Sのインテリアの造形は、基本的にA110と同一。バックスキン調合皮のディナミカが車内に張り巡らされている。かつて青・白・赤のトリコロールが用いられていた差し色は、オレンジとカーボンファイバーに置き換わった。

とても軽いサベルト製シートが配置され、ステアリングコラムの調整しろも大きく、ドライビングポジションは良好。だが着座位置は20mmほど高く感じる。

細かいケチを付けるつもりはないけれど、サーキット仕様といいつつ、ステアリングホイールに滑りにくいディナミカが巻かれるのは上下部分のみ。なぜ全周、ディナミカ仕上げにしなかったのだろうか。

ボディの雰囲気は、標準のA110同様にとても魅惑的。ブレーキキャリパーはオレンジに塗られ、エンブレムはブラックに仕上げられ、わかる人の心には強く響くだろう。滑らかなカーブを描くフォルムと低く構えたスタンスは、そこから得られるドライビング体験を強く匂わせる。

過度にシリアスではないが、腕の立つドライバーを受け入れる準備は整っている。前回の試乗はポルトガルだった。英国の道を走るのは、今回が初めてだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×