北京モーターショー:アウディA6L e-トロン

公開 : 2012.04.24 18:48  更新 : 2017.06.01 00:55

アウディA6L e-トロンは、北京モーターショーでデビューした。このA6L e-トロンは、中国マーケット用のA6のロングホイールベース・バージョンに、プラグイン・ハイブリッド・エンジンを搭載したモデルで、電力単独で80km走ることができるモデルだ。

そのパワー・ユニットは208bhpを発揮する2.0リッターTFSIガソリン・エンジンと、95bhpを発揮する電気モーターとの組み合わせ。電気モーターだけで、最高速度60km/hを出すことができるという。

スタイリングはシングル・フレームのグリルと21インチのアロイ・ホイールがスタンダード・モデルと異なる。また、MMIナビゲーション・システムは29,000もの漢字を認識するために修正されている。

ベースとなったA6Lは中国では最も成功した高級車といわれ、アウディの中でも最も売れているモデルである。アウディはFAWとのベンチャー事業として、長春工場でこのビジネス・セダンを生産している。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事