【シビック・タイプRのシートは空】ダン・キャミッシュ、BTCCチーム離脱 シーズン開幕2か月前

公開 : 2021.03.02 21:05  更新 : 2021.03.03 18:49

英BTCCの名門、チーム・ダイナミクスから有力ドライバーが1名離脱しました。今シーズンの開幕は5月です。

名門チームのドライバーが未確定

text:Piers Ward(ピアーズ・ワード)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

レーシング・ドライバーのダン・キャミッシュは、今シーズンのブリティッシュ・ツーリングカー選手権(BTCC)でチーム・ダイナミクスのレースに出走しないことが明らかになった。ホンダのワークス支援を受ける同チームは、シーズン開幕2か月前にしてドライバーが未確定という状態になった。

31歳のキャミッシュは、2018年にチーム・ダイナミクスに加入して以来、BTCCの複数のレースで勝利を収め、トップ争いを繰り広げるなど、スター選手の一人として活躍してきた。

ダン・キャミッシュ
ダン・キャミッシュ

同チームが発表した声明の中で、キャミッシュは将来的に復帰の可能性を示唆した。

「大変残念なことですが、3年前にわたしをチャンピオンシップに導いてくれたダイナミクスには感謝しなければなりません」

「もし彼らがいなかったら、BTCCで『大ブレイク』して、今のような仕事をすることはなかったでしょう。今回は特別な条件でチームを離れることになったので、今後も連絡を取り合っていきたいと思います。未来がどうなるかは分かりません」

チーム・ダイナミクスのジェームズ・ロジャース監督は、チームはキャミッシュの残留を望んでいたが、合意には至らなかったことを明らかにした。

「わたし達は2021年もダンをチームの一員に残そうと懸命に努力してきましたが、そうはいかず、別の道を歩まざるを得ませんでした」

チーム・ダイナミクスに在籍していた3年間、キャミッシュはマット・ニールと一緒にレースに出場し、8勝を挙げている。

2019年にはイトルに最も近い位置にいたが、最終ラウンドのブランズ・ハッチでのブレーキトラブルにより、1周半のうちにコリン・ターキントンに王座を奪われてしまった。同年は3位でフィニッシュし、2020年にも3位入賞を果たしている。

キャミッシュの離脱により、BTCCのトップチームの1つであるダイナミクスは、5月の開幕までに2つのシートを埋めなければならなくなった。チームの創設者であるスティーブ・ニールの息子であり、30年間BTCCに参戦して複数回の優勝を経験してきたマット・ニールは、2020年末に引退するのではないかと噂されていた。ニールが2021年も続投するかどうかはまだわからない。

チーム・ダイナミクスは、3月5日にドライバーを1人発表し、もう1人は近日中に発表すると述べている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ホンダの人気画像

×