プジョー308GTIエステートを計画

公開 : 2014.01.23 20:50  更新 : 2017.06.01 02:14

プジョーは308GTIのエステート・バージョンの開発に取り組んでいる。スコダ・オクタビアvRSエステートと、フォード・フォーカスSTエステートのライバルとなるモデルで、最近キャッチされたウインター・テストでその姿が確認されたもの。

おそらく今年のパリ・モーターショーでデビューすることになる308GTIハッチバックは、フォルクスワーゲン・ゴルフGTIを直接のターゲットとしたモデルだ。プジョーの社長は、個人的にゴルフGTIの高級で控えめなルックスが気に入っているようで、308GTIも同様の手法で造られると思われる。

308GTIのエステートおよびハッチバックは、昨年9月のフランクフルト・モーターショーで登場した308Rからインスピレーションを受けたデザインを持つ。前後バンパー、フォグランプ、ツイン・エグゾースト、新しいホイールなどがスタンダード・モデルからの変更点となる。また、サスペンションは低くなり、エンジンは220bhpを発揮する1.6リッター・ターボが搭載される予定だ。これは、ゴルフGTIの217bhpを発揮する2.0ℓユニットに対抗したものである。

ちなみにスタンダード・モデルの308エステートは、3月のジュネーブ・モーターショーで公開される予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事