スコダ・ファビア・コンセプトがジュネーブに登場

公開 : 2014.02.04 19:30  更新 : 2017.06.01 02:14

スコダは3月に行われるジュネーブ・モーターショーで、新しいファビアのコンセプト・モデルを出品する。このファビアはフォルクスワーゲン・グループのMQBプラットフォームの中でも短いバージョンであるMQB-Aと呼ばれるプラットフォームをベースとしたモデルだ。将来的には、このプラットフォームは、フォルクスワーゲン・ポロとセアト・イビーサの次のモデルにも使われるもの。

新しいプラットフォームは、現在のモデルよりも長く、インテリア・スペース、ブート・スペース共に向上している。現在のファビアは、全長4000mm、全幅1642mm、全高1498mmで、リア・シートを倒すと1180ℓのブート・スペースが現れる。

新しいファビアは、ごく最近フェイスリフトされたイエティのような大きなスコダ・バッジを持ち、付き出したフロント・グリルなどが与えられている。

スコダのボス、ウィンフリート・ヴァーランドは、新しいファビアが「より若々しいアピールで、現行のS2000ラリー・モデルからもインスピレーションを受けたデザインとなる。」とコメントしている。

ファビアのエンジンは、フォルクスワーゲン・グループから供給されるもので、1.2ℓ、1.4ℓのTSIと、1.6ℓのディーゼルがラインナップされる。また、フォルクスワーゲンUp!に搭載される1.0ℓ3気筒も用意されることになるだろう。

プロダクション・モデルは秋のパリ・モーターショーでデビューし、来年始めにも販売が開始されることになる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事