【大蛇に呑み込まれる】ACコブラ 378スーパーブロワー Mk IVへ試乗 6.2L 588ps 前編

公開 : 2021.04.05 08:25

現代へよみがえった1960年代のアイコン的存在、コブラ。エンジンはフォードからシボレー製へ変わっても、中毒性は変わらないと英国編集部は評価します。

過去最強、588psのACコブラ

text:James Disdale(ジェームス・ディスデイル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ACコブラという、オープン2シーターをご記憶の読者も多いだろう。1960年代に生産されていた、英米合作といえるパワフルなスポーツカーだ。

その伝説ともいえるコブラ Mk IVが、過去最強の588psを叩き出すスーパーチャージャー付き6.2L V8エンジンを搭載し、復活を遂げたAC社から発表された。ちなみに2021年は、誕生120周年目を迎えるAC社のアニバーサリー・イヤーだ。

ACコブラ 378スーパーブロワー Mk IV(英国仕様)
ACコブラ 378スーパーブロワー Mk IV(英国仕様)

自然吸気版の378コブラは、3年前にデビュー済み。今回のスーパーブロワーは、新シリーズのフラッグシップ・モデル。時流に合わせて、純EV版も発表されている。

現代によみがえったコブラは、シャシーとボディが南アフリカにあるAC社の工場で製造され、英国へやってくる。到着後にドライブトレインが組み込まれ、ボディや内装が仕上げられ、型式認証を得て公道へ降り立つ。

見た目は1960年代のコブラと同じように見えるが、2021年版として最新の改良も施されている。例えば、スーパーブロワーも含めて、コブラのボディはアルミニウムではなくグラスファイバー製になった。

古くからのコブラ・ファンなら、納得しにくい変更かもしれない。それでもボディの仕上げは完璧で、塗装はツヤツヤ。量産車も顔負けといえるほど、パネルのフィッティングもタイトだ。

アルミと比べて、グラスファイバー製のボディは20kgも重い。だが、価格は数万ポンド(数百万円)ほど下げられるという。

シボレー製6.2L V8にスーパーチャージャー

エンジンにも異論があるかもしれない。エアスクープ付きのボンネットの下に宿るのは、フォード製のV8ではない。現代のACが選んだのは、シボレー・カマロにも搭載されるLSAと呼ばれるV型8気筒。

6.2LのV8エンジンはスーパーチャージャーで過給され、最高出力588ps、最大トルク76.5kg-mを叩き出す。トレメック社製の6速MTとリミテッドスリップ・デフを介して、すべてのエネルギーは後輪へ伝わる。

ACコブラ 378スーパーブロワー Mk IV(英国仕様)
ACコブラ 378スーパーブロワー Mk IV(英国仕様)

見事な仕立てのボディ同様、エンジンルーム内も丁寧に作り込まれている。隙間なく押し込まれているが、製造品質は一級。配管のレイアウトも美しい。

目を奪われるのが、奥の方で輝くハンドメイドのエグゾースト・マニフォールド。彫刻的な造形美すら感じる出来栄えだった。

シャシーはラダーフレームで、基本的に1980年代に発売されたMk IVとほぼ同じ設計。従来のコブラ・ファンにも、お馴染みのものだろう。直径4インチ、101mmの鋼管で組まれており、レイアウトは一般的だが粉体塗装でサビを防いでいる。

サスペンションも、Mk IVコブラのアップデート版。フロントが独立懸架のマルチリンク式で、リアがリジットアクスルとなる。ビルシュタイン社製のコイルスプリングとダンパー、アンチロールバーが前後に組まれる。

ACによれば、車高やスプリングとダンパーのレートの調整が可能だという。今回の試乗車は、一般道を高速で走ることを前提に設定されていた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ACの人気画像

×