2014 F1グランプリ第3戦 バーレーン・グランプリ

公開 : 2014.04.07 09:20  更新 : 2017.06.01 02:13

終わってみれば、前戦マレーシア・グランプリに続きメルセデス勢の圧勝だった。オープニング・ラップで、ポール・ポジションのニコ・ロズベルグをかわしてトップに立ったルイス・ハミルトン。その後は、2台のメルセデスAMGが3位以下を大きく引き離し、結局マレーシアに続いての1-2フィニッシュを遂げた。

終盤の39周目にザウバーのエスティバン・グティエレスとロータスのパストール・マルドナードのクラッシュによってセーフティ・カーが導入され、その直後にはログベルグがハミルトンの前に出たが、再びハミルトンが抜き返してそのままチェッカード・フラッグを受けた。

3位には、序盤からペースを守ったフォース・インディアのセルジオ・ペレスが入った。フォース・インディアは5位にニコ・ヒュンケンベルグが入り、コンストラクターズ・ポイントでマクラーレンを抜いて2番手に浮上した。

レッドブル勢は、序盤の遅れを取り戻したものの、ダニエル・リカルドが4位、チャンピオンのセバスチャン・ベッテルが6番手というのがやっとという状態。7位、8位には前戦マレーシアに続き、ウイリアムズの2台、フェリッペ・マッサとバルテリ・ボッタスがこのポジションを得た。

フェラーリにとっては最悪の週末だった。フェルナンド・アロンソが9位、キミ・ライコネンが10位と入賞こそしたが、この順位でレースを終えなければならなかったからだ。

ケータハムの小林可夢偉は、15位完走。トップと同一周回でレースを終えるに留まった。

次戦は、再来週の中国グランプリだ。


第3戦 バーレーン・グランプリ結果

1 ルイス・ハミルトン メルセデスAMG
2 ニコ・ロズベルグ メルセデスAMG
3 セルジオ・ペレス フォース・インディア
メルセデス
4 ダニエル・リカルド レッドブル・ルノー
5 ニコ・ヒュンケンベルグ フォース・インディア
メルセデス
6 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
7 フェリッペ・マッサ ウイリアムズ・メルセデス
8 バルテリ・ボッタス ウイリアムズ・メルセデス
9 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
10 キミ・ライコネン フェラーリ

ドライバーズ・ポイント

1 ニコ・ロズベルグ 61pt
2 ルイス・ハミルトン 50pt
3 ニコ・ヒュンケンベルグ 28pt
4 フェルナンド・アロンソ 26pt
5 ジェンソン・バトン 23pt
6 セバスチャン・ベッテル 23pt

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像