【詳細/価格は?】ジープ・コンパス・ロンジチュード4×4発売 240台限定

公開 : 2021.10.24 06:45

FCAジャパンは、ジープ・コンパスに、「ロンジチュード4×4」を240台限定で設定しました。

240台限定 高い走破性実現

FCAジャパンは、ジープのコンパクトSUV「コンパス」に、限定車「ロンジチュード4×4」を設定した。240台限定。

コンパス・ロンジチュード4×4は、タウンユースに向けた4×2モデル「ロンジチュード」をベースに、高効率な4×4システムやオフロード機能を採用することで、アーバンシーンからオフロード走行まで幅広い用途に応える高い走破性を確保した限定車。

ジープ・コンパス・ロンジチュード4×4
ジープ・コンパス・ロンジチュード4×4    ジープ

ロンジチュード4×4は、電子制御式パワートランスファーにより4×2と4×4をシームレスに切り替えるジープ・アクティブドライブや、路面状況にあわせて「SAND/MUD」、「SNOW」、「AUTO」の3つの走行モードから選択可能なセレクテレインTMシステム、急な下り坂でも一定の低速で安定して走行できるヒルディセントコントロールといったファンクションを搭載。

ベースとなったロンジチュードは、2021年6月に大掛かりなマイナーチェンジを実施し、内外装をスタイリッシュに刷新。

9月には純正ナビゲーションシステムや地上デジタルテレビチューナーなどの機能を含むオーディオナビゲーションシステム「Uコネクト」を標準装備。

この限定車にもこれらインフォテインメントシステムが装備される。

また、ブラックペイントルーフ、プレミアムファブリックシート、オートブレーキホールドなどが採用され、充実した装備となっている。

ボディカラーは、ブライトホワイトC/C(限定100台)とブリリアントブラッククリスタルP/C(同90台)、グレイマグネシオメタリック(同50台)の3色が設定される。

価格(税込)は、419万円。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ジープの人気画像