実はハリアーより小さいんです! ジープ・コンパス いま買える新車ラインナップおさらい

公開 : 2022.07.28 11:40

ジープ・コンパスは程よいサイズ感と充実した装備が特長です。今買える3グレード+限定グレードをおさらいします。

もくじ

ジープ・コンパスとはどんなクルマ?
エントリーグレードの「Sport(スポーツ)」
装備充実の「Longitude(ロンジチュード)」
最上級グレードの「LIMITED(リミテッド)」
全国限定150台の「Longitude 4×4」

ジープ・コンパスとはどんなクルマ?

AUTOCAR JAPAN sponsored by Jeep Japan

1941年に誕生して以来、一貫してSUVタイプの車両をラインナップし続けているジープ。

そのジープブランドの中でも日本の道路事情にもマッチしたボディサイズとなるのが、「コンパス」である。

エクステリアはジープのアイコンでもある「セブンスロットグリル」や「台形ホイールアーチ」といった共通の意匠を持ち、同ブランドのフラッグシップモデルである「グランドチェロキー」にも似た堂々としたデザインとなっているため、車両単体で見たときはかなり大きなモデルであるかのような印象を持たれるかもしれない。

しかし、実際のボディサイズは全長4420mm×全幅1810mm×全高1640mmとどちらかというとコンパクトな部類となるものとなっている。

日本車で言えばトヨタ・ハリアーよりも一回り小さいものなのだ。

でありながら、主戦場がアメリカということもあってシートはたっぷりとしたサイズで足元も広く、コンパクトなサイズを感じさせないものとなっている。

全グレードに共通して搭載されるエンジンも2.4Lという余裕ある排気量のタイガーシャークエンジン・マルチエアが採用されており、低回転域から豊かなトルクを発生してくれるだけでなく、レギュラーガソリン仕様というのも嬉しいところ。

そして輸入SUVでありながら、300万円台からという魅力的なプライスもコンパスの特徴と言えるだろう。

今回はそんな輸入SUVのジープ・コンパスのラインナップを振り返ってみたい。

エントリーグレードの「Sport(スポーツ)」

エントリーグレードとなる「Sport(スポーツ)」は、381万円というプライスが最大の魅力。

といっても、装備面が大きく省かれているというわけではなく、必要なものは一通り取り揃えてあるものとなっているのだ。

代表的なものを挙げると、フルカラー7インチマルチビューディスプレイを採用したメーターや、アップル・カープレイ&アンドロイド・オートにも対応した8.4インチのタッチパネル式ディスプレイオーディオ、LEDのヘッドライト&テールライト、本革巻ステアリングホイール&シフトノブ、オートエアコンなどが標準装備となっており、輸入車に稀にある「装備をオミットして見た目の価格だけを下げたエントリーグレード」という感覚は皆無となっている。

もちろん先進安全装備も抜かりない。歩行者や自転車にも対応した衝突被害軽減ブレーキ、ブラインドスポットモニター、バックでの出庫時などに接近する車両などをお知らせするリアクロスパスディテクション、車線逸脱や後方車両がある状態で車線変更を使用としたときなどに、警告とステアリングアシストで危険回避をアシストするアクティブレーンマネジメントといったものもすべて標準装備となるのである。

なお、2.4Lエンジンに組み合わされるトランスミッションは電子制御式6速オートマティックトランスミッションとなり、前輪を駆動させる。

CVT全盛の現在においてダイレクトかつ小気味いい変速を見せてくれる6速ATもコンパスの美点の1つと言えるだろう。

ジープ・コンパス 公式サイトをみる

記事に関わった人々

  • 執筆

    小鮒康一

    Koichi Kobuna

    1979年生まれ。幼少のころに再放送されていた「西部警察」によってクルマに目覚めるも、学生時代はクルマと無縁の生活を送る。免許取得後にその想いが再燃し、気づけば旧車からEV、軽自動車まで幅広い車種を所有することに。どちらかというとヘンテコなクルマを愛し、最近では格安車を拾ってきてはそれなりに仕上げることに歓びを見出した、尿酸値高い系男子。

関連テーマ

おすすめ記事


ジープの人気画像