第2世代のティグアンのボディは2タイプ

公開 : 2014.07.10 22:25  更新 : 2017.06.01 02:12

2015年のフランクフルト・モーターショーで登場する予定の第2世代のフォルクスワーゲン・ティグアンは、2つのボディが用意されることになりそうだ。

そのひとつは、日産キャシュカイやフォード・クーガに対抗する2605mmのホイールベースを持つ5シーター・モデル。そしてもうひとつはホイールベースが伸ばされ、7人が載ることのできる3列シートを持ったモデルだ。

7シーターは2016年の初頭に開催されるデトロイト・モーターショーで発表される予定だという。

この新しい7シーターは、収益性を増やし、よりラグジュアリーな市場を獲得するためのモデルで、ヨーロッパでは販売されず、アメリカ、中東、そして中国が主なターゲットとなる。

ベースとなるのはMQBプラットフォームで、1.6ℓおよび2.0ℓのディーゼル、そして、1.4ℓ、1.8ℓ、2.0ℓのガソリンがエンジン・ラインアップとなる。また、ガソリン・エンジンをベースとしたプラグイン・ハイブリッドも計画中だ。駆動方式は基本的にはFWDだが、4WDモデルもオプションとして用意される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事