アンサー・アリ、ケイターハムCEOを退任

公開 : 2012.06.21 11:36  更新 : 2017.06.01 00:55

ケイターハム・グループのCEO、アンサー・アリが”相互同意”のもと、その職から退くこととなった。CFOのグレアム・マクドナルドがその後任となる。

ケイターハムを設立したニアーン・ファミリーから、彼がケイターハムを買収したのが2005年のこと。それから7年後にグループを去ることとなる。

グループのチェアマンであるトニー・フェルナンデスは以下のコメントを発表している。

「私は、彼が長年ケイターハム・ブランドのためにしたすべての行いに対して感謝の意を表したい。CEOとして、アリはケイターハム・セヴンを再起動させ、ケイターハム・カーズの長期にわたる安定を築き上げた責任感の強い男だった。彼のリーダーシップなしに、今日のケイターハムが考えられない。」

新しいCEO、グレアム・マクドナルドについてもフェルナンデスは「すでに7年の在籍期間で、パーフェクトな人柄と経験があることはわかっている。彼が、ケイターハム・カーズを次のステージに導いてくれるとしんじている」と語っている。