キャンピングカー市場に黒船? フィアット・デュカト正規販売店が決定 ハイエースのライバルに

公開 : 2022.09.15 18:10  更新 : 2022.09.17 09:20

キャンピングカーのベースになる「フィアット・デュカト」の正規販売店5社が決定! 全長は、ハイエース・スーパーロングと変わりません。この黒船の魅力を、プロはどのように見ているのでしょう?

バンコンといえばハイエース これからは?

日本のキャンピングカーの生産台数は、年間で約8000台ほど。概ね、その半分がバンコン(バン・コンバージョン)と言われるカテゴリーで、ベース車は“ハイエースの一強”という状況が続いている。

そのバン・コンバージョンのキャンピングカーの新たなベース車両として注目されるのが「フィアットデュカト」だ。ステランティス日本法人が国内への導入を行うわけだが、販売ネットワークとなる正規販売代理店5社が、本日発表された。

フィアット・デュカトの正規販売代理店契約を結んだ5社の調印式が、東京都内で開催された。右から3番目が、ステランティス ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長。
フィアット・デュカトの正規販売代理店契約を結んだ5社の調印式が、東京都内で開催された。右から3番目が、ステランティス ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長。    AUTOCAR JAPAN

・ホワイトハウス(愛知県名古屋市)
・アールブイランド(茨城県常総市)
・岡モータース(香川県高松市)
・トイファクトリー(岐阜県可児市)
・ナッツ(福岡県遠賀郡)

いずれもAUTOCAR JAPANのキャンピングカー取材ではお馴染みのビルダーさん達だろう。

つまり、ステランティス ジャパンは、上記の5社にデュカトをBtoBで販売し、そこでキャンピングカーに架装された車両を、われわれユーザーは購入することになる。

デュカトは、ヨーロッパでは、2020年と2021年の小型商用車カテゴリーのベストセラー車だ。「FIAT PROFESSIONAL(フィアット プロフェッショナル)」という商用車ブランドに属するので、正式なモデル名は「フィアット プロフェッショナル・デュカト」となる。

日本仕様のデュカト サイズ/エンジン

正規販売代理店となった5社は、今後、ショールーム、そしてサービスワークショップをブランドの基準に則って準備するほか、初期配車のデュカトの架装を進めていく。

そして、来年2月に開催される「ジャパン・キャンピングカーショー2023」の会場で、キャンピングカーを始めとする多彩な架装車両をお披露目する流れだ。

日本仕様のデュカトは、右ハンドル/左エントランスのパッケージ。調印式には実車が登場し、車内の写真も撮影することができた。
日本仕様のデュカトは、右ハンドル/左エントランスのパッケージ。調印式には実車が登場し、車内の写真も撮影することができた。    AUTOCAR JAPAN

2022年モデルのデュカトは、下記3種類のサイズ(欧州参考値)が導入される。

L2H2:全長5413×全幅2050×全高2524mm/ホイールベース3450mm
L3H2:全長5998×全幅2050×全高2524mm/ホイールベース4035mm
L3H3:全長5998×全幅2050×全高2764mm/ホイールベース4035mm

標準タイプ、そのロングホイールベース版、ロングホイールベースのハイルーフ仕様となる、3つのバリエーションを用意。「L2H2」「L3H2」の室内高は1932mm、「L3H3」の室内高は2172mm。

なお、日本仕様は、ディーゼル・エンジン(180hp/45.9kg-m)を搭載。スムーズな作動の9速オートマティック・トランスミッションを組み合わせる。

商用車カテゴリーでありながら乗用車に準じるパッシブ・アクティブセーフティ機能を備えるのも注目点。

歩行者検知付き衝突被害軽減ブレーキ、クルーズコントロール、レーンデパーチャーウォーニングに加え、デジタル処理をしたリアビュー画像を表示できるデジタル・ルームミラーが後方視界を確保する。

キャンピングカーのプロでもある正規販売代理店の代表者に、「ベース車としての魅力はどんなモノか?」を伺ってみた。

記事に関わった人々

  • 執筆 / 撮影

    徳永徹

    Tetsu Tokunaga

    1975年生まれ。2013年にCLASSIC & SPORTS CAR日本版創刊号の製作に関わったあと、AUTOCAR JAPAN編集部に加わる。クルマ遊びは、新車購入よりも、格安中古車を手に入れ、パテ盛り、コンパウンド磨きで仕上げるのがモットー。ただし不器用。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フィアットの人気画像