公道の速度でも濃密で特別 ランボルギーニ・ガヤルド 英国版中古車ガイド NA V10を堪能する

公開 : 2022.10.11 09:45  更新 : 2022.10.11 09:45

新車時代のAUTOCARの評価は

アウディの力添えで、信頼性を大幅に高めたランボルギーニは、フェラーリ360モデナにとって大きな脅威。スタイリングやパフォーマンス、運転のしやすさ、製造品質など、素晴らしい仕上がりにある。マラネロの技術者は警戒した方がいい。(2003年6月25日)

ランボルギーニ・ガヤルド(2003〜2013年/英国仕様)
ランボルギーニ・ガヤルド(2003〜2013年/英国仕様)

専門家の意見を聞いてみる

ルペシュ・ジェスワ氏:HRオーウェン社 ランボルギーニ・ブランド・ディレクター

「わたし自身も数え切れない台数のガヤルドを運転してきました。多くのお客様が、ガヤルドを長年所有し楽しんでいます」

ランボルギーニ・ガヤルド(2003〜2013年/欧州仕様)
ランボルギーニ・ガヤルド(2003〜2013年/欧州仕様)

「V型10気筒エンジンは、その能力を考えると驚くほど堅牢なことで知られています。定期的にメンテナンスを受けてきた個体なら、比較的手頃な価格でスーパーカーのオーナーになれるはずです」

中古車を探すなら、ランボルギーニの認定車を検討することをオススメします。英国の場合は最長で24か月の保証が付き、資格を持ったメカニックが事前に整備しているため、安心感が違います。信頼性に対する不安が減ることになります」

「カミソリのように鋭い操縦性と、V10エンジンのパワーやサウンドを、心ゆくまで楽しむことができますよ」

購入時に気をつけたいポイント

エンジン

前期型の5.0L V10エンジンはオイルポンプが故障しやすい。事前に油圧や圧縮比の確認をしておきたい。ドライサンプ・ユニットだが、一部のオーナーはエンジンオイルを注ぎすぎている場合も。

排気音の軽減バルブが開いた時点で、オーバーヒートの警告灯が灯ることがある。走行距離が浅いガヤルドの場合、スロットルボディの動きが渋くなりがち。エンジンの回転数が不自然に上下してしまう。

トランスミッション

ランボルギーニ・ガヤルド(2003〜2013年/欧州仕様)
ランボルギーニ・ガヤルド(2003〜2013年/欧州仕様)

セミオートマティックの場合、クラッチの加熱で変速時に滑りがでたり引っかかりを感じる場合がある。クラッチが冷えれば解決することが多い。コンピューターにつないで、予め状態は確認しておきたい。

マニュアルではケーブルが伸びることがある。不具合はその程度のようだ。

サスペンションとブレーキ

フロントのブレーキパッドとディスクは減りが早い。ボールジョイントとアンチロールバーのブッシュ、トラックロッド・エンドは消耗品と考えたい。ハンドブレーキの動作もチェックポイント。

2005年以降のガヤルドには、段差を越えるためのリフトシステムがフロントに装備されている。事前に動作することを確認したい。

ボディとシャシー

ボディパネルはアルミニウム製で修理が難しい。ボディサイドのオイルクーラー付近は腐食しやすいようだ。

多くの場合、飛び石キズがあって不思議ではない。まっさらな状態なら、フィルムで保護されているか、再塗装された証拠だろう。部分的に塗装されている場合は、オリジナルの塗装との境目がどこか確認する。エアインテーク内側の飛び石キズにも注意。

スパイダーでソフトトップが動かない原因は、ソレノイド故障の可能性もある。簡単な交換で治るかもしれない。

インテリア

電装系などは主にアウディ製なため、不具合は少ない。内装トリムは堅牢ながら、アルカンターラ巻きのステアリングホイールはすり減りがち。ヘタりやすい運転席側のシートの状態も観察したいところ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

おすすめ記事