SLS AMGとライバルたち AMGはスーパーカーを作ったのか 回顧録

公開 : 2019.01.02 07:10

AMGが初めての自社開発モデルとして送り出したSLSを、ガヤルド、V12ヴァンテージ、911ターボと比較しました。SLSは凄まじい速さを見せつけたものの、官能性の点でV12ヴァンテージには及ばないとの結論にいたりました。

もくじ

SLSがめざすもの
各所が専用設計
直接のライバルは存在するか
衝撃的なルックス
どこにいても注目を浴びる
英国車との違い
凄まじい速さ
慣れれば扱いやすい
強烈なホットロッド
エモーショナルさに欠ける
V12ヴァンテージの勝利か

SLSがめざすもの

名前を聞いただけで比較的簡単にタイプ分けできてしまうクルマがある。たとえばV8エンジンをミドマウントした最新型フェラーリや次世代のVWゴルフなどで、どちらもほとんど一瞬にしてどんなクルマか予想が付くし、その予想を裏切るようなものが出てくることもまずあり得ない。その一方で、このメルセデスSLSのようなクルマもある。

メルセデスはいかにしてSLSにたどり着いたのか、さらにはSLSを携えてどこへ向かおうとしているのかを明確にするためには、ひとまず歴史をさかのぼってみる必要がある。

そうして初めて、なぜルックスがこうなったのか、全体のキャラクターが意図的に、露骨とさえ思えるほどレトロにされたのかについて、その理由を検証するスターティングブロックに着けるわけだ。

象徴的なガルウイングを始めとする1950年代調のエクステリアはともかく、反射的に先端技術を連想させるメルセデスAMGという名前にふさわしく、エンジニアリング的な見地から眺めたSLSは、驚異的なまでに現代的なクルマである。フロントにエンジンを搭載した後輪駆動のスポーツカーという基本設計の枠組こそ多少古風な発想を感じさせるかもしれないが、その正体は最先端の技術を満載したマシーンなのだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事