メルセデス・ベンツSLK200

公開 : 2014.01.30 16:58  更新 : 2017.05.13 12:51

いつでもラインナップにマニュアルシフトのモデルを用意しているBMWとは対照的に、メルセデスには古くからマニュアルのイメージがない。ところが先ごろ突然、3世代目となる現行のメルセデス・ベンツSLKに、マニュアルシフトのモデルが追加された。メルセデスがM/Tモデルを本邦に導入するのは190E以来21年振りのこと。かつて“トラックのようなシフトストローク”と揶揄されたメルセデスのM/Tはどれくらい進化したのだろうか。

M/Tモデルが追加されたのは1.8ℓターボエンジンを搭載するSLK200で、ギヤは6段となっている。今回のレポートでは特にこの“マニュアルシフト”にフォーカスしてみたいのだが、まずレバーの見た目はオーソドックスで、気になるシフトストロークは手首のスナップだけ……で決まるほど短くはないが、スナップ+αぐらいでエンゲージするので、今日的といえると思う。足元を覗き込むとクラッチとブレーキペダルは高めの位置にあり、結果的にクラッチは少々奥深く、一方のブレーキはかなり強く踏み込まないとスロットルペダルと面が揃わない=ヒール・トゥしにくそうに思えた。

クラッチペダルを踏み込んで1速を選び、走り出す。1.8ℓターボユニットは低回転域では少し眠い様子でクラッチミートが心許なく感じられるのだが、実際には全く問題なく発進できた。つまり低速トルクは充分にあるようだ。マニュアル車に乗りたくない、という人の理由の中には「人前でエンストこきたくない」というのがきっとあるはずなので、エンストしにくいことは重要だ。ついでにヒルスタートアシスト機能も付いているので、坂道発進も落ち着いて行なえば必ずや成功するだろう。

高速道路に乗りとりあえず可能な限り飛ばしてみると、これが実に気持ちがいい。特に3速、4速あたりはターボの盛り上がりとスピードの伸びがシンクロするイメージで、あっという間に“相当なスピード”に到達してしまう。そして、相当なスピードが出ていれば、減速する際にはかなり強めにブレーキペダルを踏まなくてはならないので、結果的にヒール・トゥもバッチリと決まる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事