【最もエキサイティングなFF】ルノー・メガーヌR.S.トロフィーへ試乗 フェイスリフト 前編

公開 : 2021.01.31 10:25  更新 : 2021.03.05 21:34

エキサイティングなルノー・メガーヌR.S.がマイナーチェンジ。インテリアが主要な変更点ですが、MTは不採用に。英国編集部が評価しました。

もくじ

フランスで姿を消しつつあるホットハッチ
300ps仕様のエンジンが通常のR.S.にも
しっくり来ない運転姿勢や操作系

フランスで姿を消しつつあるホットハッチ

text:Matt SaundeR.S.(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
フランス生まれのホットハッチ、ルノー・メガーヌR.S.トロフィーがフェイスリフトを受けた。2021年にも生き残ったことを、素直に喜びたい。欧州で施行される環境規制は、高性能モデルにとって強い逆風となっているのだから。

かつては、ホットハッチ発祥地の1つとして名を馳せたフランス。環境負荷に応じて適用される自動車の排出税は厳しくなる一方で、プジョーとシトロエンの2ブランドからは、ホットハッチが姿を見せなくなって久しい。

ルノー・メガーヌR.S.トロフィー(英国仕様)
ルノー・メガーヌR.S.トロフィー(英国仕様)

さらにヒュンダイi30 Nも、フランスでは購入できなくなった。アウディR.S.3はまだパリでも買えるものの、公道を走るには2万3000ポンド(322万円)という信じられないほど高額な排出税を支払う必要がある。

もしV8エンジンを載せたフォード・マスタングをフランスで乗る場合は、2万6500ポンド(371万円)が余計にかかる。クルマ好きなパリジャンを気取るのも、楽ではないのだ。

フランス国内が最も大きな市場となっているルノー・スポール。メガーヌR.S.の初年度の税額が、8000ポンド(112万円)へ増えてしまうという現状は、かなり厳しいものだといえる。それでも、ルノーとしては最善を尽くした結果なのだろう。

最新のルノー・メガーヌR.S.トロフィーには、MTの選択肢がなくなった。デュアルクラッチATの方が、ほんのわずかな違いながら、CO2の排出量が少ないためだ。この決定は、多くのクルマ好きのフランス人を救うのかもしれない。

300ps仕様のエンジンが通常のR.S.にも

フェイスリフトを受けたメガーヌR.S.は、ヘッドライトやテールライトのデザインをリフレッシュ。インテリアでは、インフォテインメント・システムとメーター用のモニターまわりがアップデートされている。

メカニズム的には、MTがなくなったこと以外の変更はない。ただし通常のR.S.でも、このR.S.トロフィーと同じように300ps仕様の高出力ターボエンジンが選べるようになっている。

ルノー・メガーヌR.S.トロフィー(英国仕様)
ルノー・メガーヌR.S.トロフィー(英国仕様)

それでも、引き締まったカップ・サスペンションが手に入るのはR.S.トロフィーだけ。そうすれば、アクティブ・スポーツエキゾーストに19インチ・ホイール、トルセンLSD、高性能なフロントブレーキも一緒に付いてくる。

追加費用を払ってでも、R.S.トロフィーを選ぶ必要はあるというわけ。

インテリアでは、素材の質感が向上していることも注目ポイントだが、それ以上に目が行くのが、インフォテインメント用の9.3インチ・タッチモニターだろう。グラフィックは鮮明になり、ホーム画面は見やすく、反応も良くなっている。

エアコンまわりの操作レイアウトも新しくなっり、全体の知覚質感は良くなった。ただし、小物入れの数はふんだんといえず、安っぽいプラスティックや成形の質が及ばないパネル類も、ちらほら残っている。

グローブボックスはライバルの半分程度の大きさしかないし、カップホルダーは小さく浅い。ここも改善すべきだったと思う。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事