カーレビュー

2017.12.25

メリークリスマス! アストン マーティンDB11とゆく、ツリーをめぐる冒険

アストン マーティンDB11

テスト日 : 2017年12月25日

文・リチャード・ウェーバー 

編集部より

メリークリスマス! 伝統行事に触発された英国編集部のひとりが、西スコットランドの森林から調達したクリスマスツリーをアストン マーティンDB11 V12にくくりつけてロンドンのAUTOCAR本社までドライブしてみました。

もくじ

ツリーにふさわしい木をアストンで
求めているのは、自由に育った天然の木
元凶は濡れたアスファルト、氷点下の気温
DB11のインプレッションを忘れていた
チャーンサイドとアストンの意外な関係
いよいよエンディング

ツリーにふさわしい木をアストンで

この時期がやってくると「地に平和あれ、ひとには優しくあれ」とよく耳にするようになる。

第二次世界大戦中にノルウェーに協力したイギリスに対する感謝と友情の証に毎年巨大なクリスマスツリーがオスロ市からロンドンに贈られるが、これはまさに平和と善意を祝うイベントだ。

この伝統行事に敬意を表すべく、今年はわれわれもスコットランドの西海岸からロンドンにあるAUTOCARのオフィスまでクリスマスツリーを運び、編集チームを喜ばせようと思う。

回り道や写真撮影のためにぶらぶらしたのを除き、走行距離885kmというのはなかなか立派な距離だ。

その任務に最適なのはひとびとに愛されるイギリス製グランド・ツアラー、アストン マーティンDB11だろう。北へと向かう田舎道ではスリルを味わい、帰りは高速道路をすっ飛ばせる。

ただ、DB11のトランク容量は270ℓしかないし、アストンはルーフ・ラックを販売していないから苗木ぐらいしか積めないじゃないか、と疑問に思われるだろう。

さらに、アフターマーケットで手に入るソフト・ラックは、オンラインで「継ぎ目が破れた」「カヤックが道路に落ちた」といった評価が並んでいるのでそれも使えない。

では実際どうしたかというと、ルーフに保護フィルムを貼り、3000円程度のラチェット・ストラップと数枚のパッドを使って準備を整えたのだ。

 
最新試乗記