[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

長期テスト マクラーレン570GT(1) 570Sでない理由 オプションと価格

2018.02.28

100字サマリー

長期テスト用にマクラーレン570GTをAUTOCARは買いました。570Sではなく、570GTを選んだ理由。外装のオプションのほかに、こだわった内装オプション。そしてその価格までお伝えします。エンジンベイからの不快な異音についても書き添えておきます。

もくじ

570GTならではの魅力とは
外装で選んだオプション
内装にはより多くの費用を
テスト車について
追加した装備一覧
テストの記録

570GTならではの魅力とは

マクラーレンはスポーツシリーズの導入によって、ジュニアスーパーカーに属するポルシェ911ターボSやアウディR8に対抗すべくラインナップの拡充を果たした。

この「ジュニア」というのはもちろん相対的なもので、R8は610psの5.2ℓV10を搭載するし、ポルシェやマクラーレンはより小さなエンジンだが過給機によるパンチがある。

スポーツシリーズは12万6000ポンド(1955万円)の540psを発揮する540Cに始まり、マクラーレンはこれより下の価格帯のモデルを出す予定は無いとしている。

一方で570Sと570GTはこのシリーズの上級ラインとして位置付けられ、これら3モデルはモノセルIIと呼ばれるカーボンファイバー製のタブと3.8ℓのツインターボV8エンジンを共有する。

この570GTはポルシェ・ケイマンと同等の車重でありながら570psものパワーを持ち、言うまでもなく相当にスリリングなクルマである。

エキゾチックなのも良いが、R8や911ターボのオーナーたちはフェラーリやランボルギーニには無い普段使いのしやすさを好んでいるのだ。

570Sを中間に置き、570GTはマクラーレンの中で伝統的スーパーカーとしての性格を持ちながら通勤にも使えるオールラウンダーとして位置付けられている。

わたしはこのクルマをテストすることができて幸運である。本心では、570GTよりも570Sの方が好みだが、GTも興味深い。Sと比べると柔らかい乗り心地(フロントスプリングは15%、リアは10%柔らかい)で、より多くの遮音材を持ち、ステアフィールも穏やかだからだ。

さらに、特徴的なガラスハッチを備える「ツーリングデッキ」とよばれる220ℓの荷室が、フロントの150ℓの荷室を補完している。

 
最新試乗記