カーレビュー

2018.04.15

回顧録 アストン マーティンV8 ヴァンテージ vs アウディR8 前編

アストン マーティンV8 ヴァンテージ/アウディR8

編集部より

今回取り扱うのはアストン マーティンのエントリーモデルであるV8ヴァンテージの後期型です。426psを発揮する4.7ℓのV8エンジンと新しい足回りを備えた実力はいかがでしょうか。アウディR8とのアウトバーンやワインディングでの比較を通して検証します。

AUTOCAR JAPAN誌 64号

もくじ

前編
アウトバーンでの超高速バトル
270km/h以上では差が明確に
なにからなにまで新しいヴァンテージ
依然として驚異的なR8の走り
アプローチの違い

後編
アストンの苦手はアウディの得意
超高速域での安心感
感性へ訴えかけるヴァンテージ
真面目な道具と戦える芸術品
走るために選ぶならアウディ

アウトバーンでの超高速バトル

ここはケルンの東。われわれは手始めに、ほどよくカーブがあってうれしいほどガラガラに空いたアウトバーンでこの2台を走らせてみることにした。もうひとりのテスターであるジェイミー・コースターフィンは、私の前をアウディで快走している。彼がそちらを選んだのはR8のGPSナビのほうがより精度に優れていたからだが、個人的にはアストンのほうが気に入っていた。

アウトバーンでのハイスピードランは楽しかったが、4.7ℓとなった新型アストン マーティンV8ヴァンテージとアウディR8のどちらが優れているかを判定するための手段としては、残念ながらほとんど役に立たなかった。しかし、この2台がどういう関係にあるかを説明する一例としてならば、少しは役に立つかもしれない。

アウトバーンのなかでも曲率が緩やかなこのあたりは、150km/hほどで走っているぶんにはほとんどストレート感覚だ。けれどこれが250km/hともなると様相は一変する。すべてが本格的なコーナーだ。アストンのV8が咆哮を上げると同時にアウディも轟音で応える。どうやらジェイミーは引き離しにかかっているようだ。

next page270km/h以上では差が明確に

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ