DS7クロスバック試乗 サイズ、価格、装備を評価 500万円で買えるフラッグシップ

2018.08.07

「買い」か?

500万円切り ソーシック・パッケージOP車

DS7はこのほかにもナイトビジョンや半自動運転系など、このクラスで思いつくかぎりのハイテクが装備される。PSAの日本法人が想定する売れ筋は、ソーシックに専用のパッケージオプション(LEDヘッドライトや電動テールゲートのほか、フロントガラスヒーターやグリップコントロール、マッド&スノータイヤなどのレジャーカー的な装備を含む)を追加した仕様で、この状態でギリギリ500万円を切る戦略価格となる。

ソーシックでは電動レザーシートやナイトビジョン、後席サイドエアバッグなどは省かれるが、前記のように自慢のアクティブスキャンサスペンションや半自動運転系のハイテクは標準装備だし、18インチのマッド&スノータイヤは乗り心地やハンドリングもより穏やかで “らしい” のも事実だ。

個人的にはソーシックに、フランスB.R.M社製のアナログ時計(エンジンのオンオフごとに反転して格納&展開する)さえ装備されれば、掛け値なしの鉄板グレードになりそう……とも思うが、逆にいうと、このアナログ時計こそがグランシックをあえて選ばせるキラーアイテムでもあるのだろう。
 

 
最新試乗記