海外試乗

2018.09.11

試乗 ジャガーIペース 400psのEV デザイナーと巡る530kmの旅

ジャガーIペース

テスト日 : 2018年9月5日

価格 : 未定

文・スティーブ・クロップリー 

編集部より

ジャガーを代表するサルーン、XJが発表されてから50年。そんな記念すべき年に発表された、これまでで最もスムーズで静かなジャガーが、初のEVであもるSUVのIペースです。ジャガーのデザイン部トップ、イアン・カラムとともに、英国編集部編集長のスティーブ・クロップリーは、530kmの旅へと出ました。

もくじ

ジャガーのデザイン本部まで530kmの旅
旅程に変更はつきもの
素晴らしい回生ブレーキの制御
ジャガー初のEVは、あえてのSUV
充電時間や航続距離以上の輝かしい未来
番外編 デザイナー、イアン・カラムが手がけたジャガー車

ジャガーのデザイン本部まで530kmの旅

スコットランドの首都、エディンバラの中心部から、イングランドのコヴェントリー郊外に位置するジャガーのデザイン本部までは、約530kmの道程がある。革命的ともいえるEV、Iペースを試すのには、理想的な行程だと思う。

われわれが滞在したホテルの表通りに立ち、色々なことに考えを巡らしていると、朝日を浴びながら、静かに今回の主役が地下の駐車場に滑り込んでいった。

もちろん、アインシュタインの相対性理論や、アルキメデスの法則などの発表に比べれば、大したことではない。しかし、相当な衝撃を与えてくれる存在ではある。目新しいエクステリア・デザインだけでなく、不十分だった社会インフラを牽引する可能性も秘めた、ジャガー初というよりも、英国初の、プレミアムなEVサルーンが登場した驚きは大きい。

今回の主役は、まさにそのクルマ。

今回のミッションは、Iペースでデザインの指揮をとっただけでなく、近年のジャガー車のデザインを手がけてきたイアン・カラムとともに、デザイン部門のあるコヴェントリー郊外のウィットリーまでドライブをすること。

カラムはスコットランドで家族と過ごしており、誕生日を祝ってもらっていたそうだ。今から50年前、少年だった彼は、当時のジャガーのボス、 ビル・ヘインズへ手紙を書いた。そして、彼の夢の実現に向けて、適切なアドバイスが記された返信を受け取ったのだった。今では有名な話だ。また彼は、ジャガーEタイプを見るために、彼のおじいさんとともにエディンバラにあった、ジャガーのディーラーを訪れている。

今回は、当時のEタイプと同様に重要な意味を持つ、Iペースでの旅となる。

next page旅程に変更はつきもの

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ