海外試乗

2018.09.24

最高にホットなBセグ・ハッチバックを探す 前編 回顧録

ルノースポール・ルーテシア/フォード・フィエスタ・マウンチューン/アバルト500エッセエッセ/フォード・フィエスタ・ゼテックS/ルノースポール・トウィンゴ/スズキ・スイフトスポーツ

荒れた路面での突き上げ

そういうわけでわれわれは今、こうして濃い霧が立ちこめるヨークシャーのとある丘陵で、本戦にノミネートされた6台に囲まれている。ろくにクルマも見えないこのワインディングロードで6台を試乗し、撮影しなくてはならないとは頭が痛い。それどころか、試乗を終えたらミルブルックまで500kmほど移動するというデザートまで用意されているのだから困ったものだ。

このうち5台は勝手知ったるお馴染みの面々だが、200psの新型ルーテシアに乗るのは今日が初めてだ。ここまで高速道路を走ってきた限りでは、実に成熟度の高いクルマである。

ヨークシャーまでの道のりは4車線ある路面のすべてがすり減っていて、舗装の継ぎ目のたびに断続的に不快な突き上げが襲ってきた。この種のクルマに乗ってハーシュネスに関するクレームを申し立てるのは少々意地悪すぎるかもしれない。だが、それを考慮に入れたとしても、トゥインゴと500はどちらも乗り心地が厳しい。

500のエッセエッセは、比較的ソフトなスタンダードモデルよりも落ち着きが悪いのだが、個人的には荒れた道の走破性ではそのスタンダードモデルよりも優れているようにも思える。一方、ノーマルのトゥインゴ133は、決して今回のカップ仕様に快適性で大きく差をつけるほど優れてはおらず、むしろ差はほとんどないに等しい。高速道路を数百km走った程度では、シャシーの違いもほとんど感じられなかった。

next page高速での走りは

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ