[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

受け継がれる跳ね馬の血統 フェラーリF40 vs F430スクーデリア 回顧録

2018.10.07

性能のスクーデリア 記憶に残るF40

今回試乗したスクーデリアは、普通のフェラーリの基準から考えれば装備の簡素な部類に属するが、それでもエアコンや電動のウインドウとサイドミラー、集中ロックにCDプレイヤー、さらにはGPSナビやエアバッグまで備わっている。

その種のものは、F40にはまったくなにもない。今でもわれわれはハードなドライビングマシーンが大好きではあるが、それと同時に電子制御の安全システムやコンピュータ設計による衝突構造体、それにちょっと贅沢で快適な生活も大好きなのである。

この20年間でフェラーリのスタイリングは大きく変わったにせよ、F40を創り出したその精神は今でも脈々と受け継がれている。現代の生活のなかで道具として使えなければならぬという制約を課せられているにもかかわらず、スクーデリアは傑出した成功作であり、しかも惜しみない称賛に値するだけのクルマに仕上がっているのだ。フェラーリの全歴史上においてスクーデリアが最高のロードカーであることは、否定しがたい事実である。

しかし、あらゆる欠点を全部ひっくるめても、より長くひとびとの記憶に残るのはF40のほうだ。過去20年のあいだに世界は大きく変わり、もはやF40のようなクルマは現代の市場では容認できないものとなってしまった。

わたしがこれを初めて運転した15年前、ロードカーを運転した経験のなかでもっとも充実した至福の時であった。それから飽き飽きするほど数多くのスーパーカーが登場し、ドライブしてきたが、今なおあのときの鮮烈を超えるクルマに出会えてはいない。

 
最新試乗記