海外試乗

2018.12.04

新型 トヨタRAV4 XSEハイブリッド 試乗 TNGAベースですべてを一新 

トヨタRAV4 XSEハイブリッド

テスト日 : 2018年11月30日

価格 : 2万3424ポンド(346万円)

文・リチャード・ブレンナー 

編集部より

モノコックボディを採用し、舗装路での走行性能を高めたクロスオーバーSUVの先駆けといえるのが、トヨタRAV4。初代が登場した頃から、SUVのポジションは大きく変化もしています。日産キャシュカイのライバルでもある5代目の完成度を、アメリカ・カリフォルニアで確かめました。

もくじ

どんなクルマ?
TNGAをベースにすべてを一新
どんな感じ?
明るく広々なファミリーカー
ON/OFF問わず走りも快適性も向上
「買い」か?
魅力的なクロスオーバーSUV
スペック
トヨタRAV4 XSEハイブリッドのスペック

どんなクルマ?

TNGAをベースにすべてを一新

近年、デザインへの意識が高いトヨタ。5代目となるSUV、新しいRAV4でも、次のステップへ進もうとしているその姿勢は、はっきりと見ることができる。かつての3DCGで用いられていた、三角形のポリゴンを連想させる彫刻的なデザインは、やや違和感を感じるものの、クルマ全体のスタイリングはダイナミックで、パーソナリティを重視した仕上がりだ。

しかし、新しいRAV4の内面は、スタイリング以上の進化を遂げている。多彩な使徒を叶える、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ(TNGA)をベースにし、ボディ剛性は従来型より57%も向上。重心高が低くなっただけでなく、リアのダブルウィッシュボーン・サスペンションにより、走りを洗練させ、ステアリングフィールも改善させている。加えて、重量配分を理想に近づけているだけでなく、安全性能も高めているという。

重心高は下げられているのにも関わらず、オフロード性能を左右する最低地上高は、15mm持ち上げられた。全長はやや短くなった反面、オーバーハング長を切り詰めることで、ホイールベースは伸ばされている。

ドライブトレインは、2.0ℓのガソリンエンジンにマニュアルの組み合わせも選べるが、2.5ℓガソリンエンジンとハイブリッドの組み合わせが興味深い。今回の試乗車は、その2.5ℓハイブリッドの四輪駆動車で、より軽量でコンパクトになった第4世代のハイブリッドシステムと、リアタイヤ側にモーター・ジェネレーターが組み合わされている。ドライブトレインの総合トルクの80%を、後輪へ伝えることが可能だという。

カリフォルニアの道でその仕上がりを確かめたい。

next page明るく広々なファミリーカー

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ