海外初試乗

2018.12.01

アルピーヌA110 vs マクラーレン570S 比較試乗 なぜ公道で光り輝く?

アルピーヌA110/マクラーレン570S

価格 : 5万1805ポンド(749万円)/14万9000ポンド(2153万円)

文・ダン・プロッサー 

編集部より

A110と570Sを英国に拡がるB級路での比較テストに連れ出してみました。価格もパワーもまったく異なる2台ですが、ターボエンジンやメカニカルレイアウト以外にも、深いところで共有するものがありました。サーキットではなく公道で光り輝く2台の秘密に迫ります。

もくじ

似ているところ 似ていないところ
舞台はエクスムーアのB級路
狙いは公道での満足度
共通するフィール
当代随一のパフォーマンスモデル
番外編:価格(ミス)マッチ対決
2台のスペック

似ているところ 似ていないところ

この2台には明らかな共通点がある。例えば、ともにターボエンジンをふたつのシートを持つボディの中央に積んで、エンジン出力は後輪だけに伝えられる。一方で、病的ともいえる軽量化やリミテッドスリップディフェレンシャルではなくオープンデフを採用しているという、あまり目立たない共通点もある。

そして、同じ場所で乗り比べてみるまでは気付かない共通点も存在している。こうした点は、もっとも分かりにくいだけでなく、はるかに興味深くもあるが、もう少しあとで見てみることにしよう。

とは言え、小柄なアルピーヌA110とマクラーレン570Sには共通点がある一方、この2台には明らかな違いも存在している。なかでも大きな違いはその価格だ。570Sが掲げるプライスタグは、A110であれば、今回試乗に連れ出したトップレンジのプルミエール・エディションであっても2.9台分に相当する。さらに、そのパワーも大きな違いのひとつだ。252psのフレンチスポーツカーに対して、英国製スーパーカーはその2倍以上の570psに達する。

ある面ではよく似ており、別の面ではまったく異なるというだけでは、この2台を比較テストに連れ出す十分な理由にはならないだろう。実際、想像し得るどんな対決であっても、こうした説明は可能なのだ。

この比較テストを行う理由は結局のところ、今年はじめにパリ郊外でA110を最初に運転したとき、もしマクラーレンが現行でもっとも安価なモデルの1/3の価格でいつかスポーツカーを作り出すとすれば、それは、ルノーグループがほぼ即決で生産化を決定したに違いない、このアルピーヌA110のようなモデルになるだろうと考えたからに他ならない。

next page舞台はエクスムーアのB級路

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ