海外試乗

2019.01.17

試乗 ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ 最高のV12エンジン

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

最高の自然吸気V12

しかしV12エンジンに火を入れた瞬間に、古臭さが好ましく思えるようになった。音や振動が頭のすぐ後ろから伝わってくる。懐古主義者としては完璧だ。カミソリのようなレスポンスに今までのランボルギーニにないような中域からのトルクが感じられる。

SVJは4000rpmからですら速く感じる。回転が上がるにつれてスリリングになり、強烈さのあまり思わず叫んでしまいそうだ。ウィンタータイヤで装着しているとちょっとしたダウンシフトでもクルマが暴れるので、湿度の高い冬の日では7000rpmまであげるほどバカにはなれない。

どのような回転域でもSVJのパフォーマンスは衝撃的だ。ばかばかしいほどに速く、奇妙なほどドラマチックで、背筋がゾクゾクしてくる。

SVJのサウンドは街中をハーフスロットルで走っていても楽しめる。不自然に強調されているわけでもなく、キャラクター性もあまるほどある。SVJはすべてにおいて荘厳なのだ。

next page公道でも楽しめる

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ