試乗 ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ 最高のV12エンジン

公開 : 2019.01.17 10:10

最後の古典的スーパーカー

シンプルでダイレクトなスーパーカーが欲しいなら、今SVJを買って先祖代々引き継いでいくのもいいかもしれない(われわれとしては、できれば日常生活でも乗っていただきたい)。

サンタアガタがプラグインハイブリッドとして電動化されることが決まり、古典的なランボルギーニV12の系譜はここで途切れてしまうのだろうか。確かにスーパーカーのエンジンとして扱いやすいわけでも、洗練されているわけでもない。しかしそう断じる前に、この大きくたくましい野蛮なスーパーカーを一度は味わっておくべきだろう。

SVJはシャシーの限界を超えるような残酷なまでのスピードに達するが、これは多くのスーパーカーも同様だ。しかし、爆発的な自然吸気エンジンを愛するものにとって、このエンジンはこれ以上ないほど素晴らしい。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJのスペック

価格 36万ポンド(5184万円)
全長×全幅×全高 4943×2098×1136mm
最高速度 349km/h
0-100km/h加速 2.8秒
燃費 6.1km/ℓ
CO2排出量 452g/km
乾燥重量 1525kg
パワートレイン V型12気筒6498cc
使用燃料 ガソリン
最高出力 770ps/8500rpm
最大トルク 73.4kg-m/6750rpm
ギアボックス 7速セミAT

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記