海外試乗

2019.01.27

回顧録 Dセグ高速クーペ対決 C63 AMG vs BMW M3

C63 AMGクーペ/BMW M3クーペ

快音を奏でるV8NA

M3のサウンドは今も最高水準だ。左手でパドルを軽く何度か引くと、ギアは瞬時に7速から3速まで落ち、タコメーターの針は3500rpmから7000rpmへと跳ね上がる。そこですかさずスロットルを開けてやれば、8300rpmでリミッターが作動するまで、マライア・キャリーの歌声もかくやのシャープで澄み切った高音が鼓膜を揺する。

低回転域の骨太なサウンドも心を惹くものだし、180km/hで5速から6速にシフトアップして加速を続けると、中回転域の繊細で甘美なテノールがインテリアを満たしてくれる。自然吸気ならではの贅沢な愉しみである。

シュトゥットガルトを目指す今回のロングドライブで、ランデブーの相手に選んだのは最新のメルセデスC63 AMGクーペだ。いうまでもなく、これはDセグスポーツクーペの世界基準ともいえる、BMW M3をジャブで注意深く牽制するために造られたクルマである。

穿った見方をすれば、ライバルの成功のいくばくかを奪うために、ミュンヘンのレシピを使い、シュトゥットガルドの素材で仕立てられたコピーキャットであるともいえる。

 
最新試乗記

人気コンテンツ