カーレビュー

2018.04.01

回顧録 スーパーDセグメント対決 BMW M3 vs C63 AMG vs レクサス IS F 前編

BMW M3/メルセデス・ベンツC63 AMG/レクサス IS F

編集部より

メルセデス・ベンツが誇るC63 AMG、そしてBMW M3。この2台に日本車初の超高速DセグメントサルーンとなるIS Fが挑みました。圧倒的なパワーのC63と洗練されたM3に対してやや演出過多なIS F。V8、FR、4ドアという共通点を持つ3台の頂上決戦に勝利するのはどの1台となるのでしょうか。

もくじ

前編
ドイツの双璧に国産の雄が真っ向から激突
V8、FR、4ドアという共通点
隙を見せないC63
C63の圧倒的な動力性能
排気量では最小のM3
やややりすぎ感のあるIS F

後編

3台でドラッグレース
サルーンとしての実用性
室内空間は
IS Fは脱落 ドイツ2強の攻防
最後の逆転劇

ドイツの双璧に国産の雄が真っ向から激突

この手の高速サルーンの魅力は、なんの変哲もないボディの下に強力無比な筋肉を隠している矛盾にこそある。4枚のドアと4座のまともシートを備えた道具でありながら精密機械でもあるところは、ツールでいえばスイス・アーミーナイフや狙撃用ライフルに通じるかもしれない。

高速サルーンはそうした静的な魅力によってだけでなく、走りにおいてもまた特別な体験を提供してドライバーを魅了する。例えばバックミラーにその姿を認めた先行車は黙って道を譲ってくれる。スーパーカーのように、並走する他車や歩行者からの羨望や嫉妬の視線にさらされることもない。あるのはただ尊敬の眼差しだけだ。

そんなサルーンの最高峰の世界に住めるブランドは、いうまでもなく非常に限られている。長きにわたってお馴染みの顔ぶれが激戦を繰り広げてきた世界なのだ。ところがそこに、極東の新参者が大胆にも殴り込みをかけてきた。そう、日本からやって来た、レクサスIS Fである。

今回の対決は、その世界におけるビッグ2、つまりメルセデスのAMGとBMWのMが新人の適性を確かめる、いわば入学試験のようなものである。合格発表会場は400km先の荒野だ。たどり着く頃には結果が出ていることだろう。

 
最新試乗記

人気コンテンツ