ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

試乗記

2019.02.09

回顧録 歴代911比較試乗 最新は最良なのか

ポルシェ911

編集部より

ポルシェ911に対しては、最新こそ最良という表現が当たり前のように使われています。だが、ホイールベースを大幅に延長し、キャビンも荷室も拡大した最新のタイプ991にも、その言葉は当てはまるのでしょうか。比較テストの模様をお伝えします。

もくじ

最新のポルシェは最良のポルシェか
タイプ991カレラS(2012年型)
タイプ997カレラ4S(2005年型)
タイプ993カレラ4S(1996年型)
タイプ964カレラ4 30周年記念モデル(1993年型)
タイプ930カレラ3.2クラブスポーツ(1987年型)
結論
番外編:911の途切れた連鎖

最新のポルシェは最良のポルシェか

(AUTOCAR JAPAN誌105号の再録)

モータージャーナリスト達がクルマに関して使いたがるもっとも使い古された表現のひとつに、「最新が最良」というフレーズがある。つまり、クルマはモデルチェンジするたびに旧型よりよくなっているという意味だ。そんなことは当然であり、旧型と比較しての善し悪しが注目に値するとすれば、それは新型のほうがダメだったときに限られるはずだろう。

もっともポルシェ911に限っては、そう単純にはいかない。ほぼ半世紀にわたり、911は常識というものが通用しないクルマであり続けてきた。たとえば、本来ならトランクであるべき場所を愚かにもエンジンルームとして使っていたり、そこに収まるエンジンも、ほんの少し前まで冷却効率の悪い空冷式を頑固に貫いていたのである。

それに、ある世代の911がその前の世代より扱いやすくなるという保証など、じつは今まで一度たりともなかった。今になってみれば失敗作と見なされている世代があるのは周知の事実だ。だが、最新当時に最良ではなかった911が本当にあったのか? 991型のローンチにあたってポルシェが親切にも展示してくれた一連の世代を前にして、そういう考えがふと頭をよぎった。

ならば確かめてみればいい。歴代モデルを1カ所に集め、それらを同じ道で同じようにハードに走らせてみれば、歴史がそれぞれの個体に与えた判定の真偽を、今現在の公平な目線で見直せる。そういうわけでわれわれは、最新のタイプ991からタイプ930までの歴代カレラに乗り込み、真実を求めてワインディングへと向かったのである。

なお、ポルシェが今回の取材のために自らの意思で選び、用意してくれた一連の試乗車に関して述べる以後のコメントは、試乗した特定の個体についてというよりも、その個体が代表するその世代全般に対してのものであるということを、あらかじめ断っておこう。

 
最新試乗記