「リヴィアン」を知っている? 創業者、いかにして会社を興したか

公開 : 2019.02.09 09:50

景気のいい未来予想図などいっさい出さず、静かなるスタートを切った新興自動車メーカー「リヴィアン」。先日オフローダー「R1T」の開発を発表した同社のEVメーカーとしての今後の展開について設立者のRJスカリンジたずねました。

もくじ

新興メーカー「リヴィアン」立ち上げ
機が熟すのを待つ
当初のクーペ案を変更
オフローダーに的を絞る
設計変更を重ねる
残された課題は

新興メーカー「リヴィアン」立ち上げ

「実際のところ、はじまりは2009年の2+2ハイブリッド・クーペでした」と語るのは、いま世界でいちばん新しい自動車メーカー「リヴィアン」の設立者かつCEOを務めるRJスカリンジ。

その処女作でSUVのR1SとピックアップトラックのR1Tは先日のロサンゼルス・モーターショーで初披露されたところだが、基本構造を共有するこれらはEVとしてひじょうに長い航続距離を誇るという。だがこのリヴィアンという会社、じつは新しくもなんともないのだ。

もう10年の歴史をもつリヴィアンは、もともとアヴェラという社名で誕生した。グーグルで検索すると、はがされることのない青いカバーをかぶった、スカリンジのいう「アヴェラ・クーペ」の謎めいたティーザー画像が見られる。今にいたるまで、その真の姿は明かされていない。

35歳のスカリンジは、会社とクルマを公にさらけ出すまでにかかったこの10年を「ここまで来るのはほんとうに大変でした。思っていたよりずっと」と振りかえる。では、どうしてそこまでかかったのだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事