海外試乗

2019.02.09

回顧録 スモールクーペ対決 ミニ・クーペJCWとライバルたち 後編

ミニ・クーペ・ジョン・クーパー・ワークス/アウディTT/フォルクスワーゲン・シロッコ/マツダ・ロードスター

パッケージングの優れたシロッコ

シロッコはミニやTTとロードスターのあいだにくる。期待に違わずドライビングポジションは正しいのだが、ダッシュボードのデザインが全体に殺風景で(三角形のドアグリップは個性的でいい)、あまりうれしい居心地とはいえない。

その代わり、後席にふたりの大人が座れるのは、ほかの3台には真似のできない長所だ。ミニとロードスターは2シーターだし、TTの後席はほとんど役に立たない。ライバルたちを基準にすれば、シロッコのパッケージングはミラクルである。

ツイスティな道を走らせても、シロッコはしっかりとした乗り味というミラクルを披露する。このクルマを「スポーツカー」とまで呼ぶ人は少ないだろうし、今回の比較テストにふさわしくないと考える人さえいるかもしれない。しかしそれは違う。

ステアリングを切り込んでいくと操舵力がきわめてリニアに増していき、しかも舵感は正確そのものだから、コーナーからコーナーへ駆け抜けるのが楽しくなってしまう。2.0ℓターボのエンジンにも「リニア」の言葉がよく似合う。レスポンスはシャープとはいえないものの、スムーズで、トルクの出方を予測しやすい。スリルはないけれど活発で、走りに満足できる楽しいクルマだ。

 
最新試乗記