試乗記

2018.12.31

小型スポーツカー対決 ロータス・エリーゼとライバルたち 回顧録

ロータス・エリーゼ/フォルクスワーゲン・シロッコR/日産フェアレディZ/マツダ・ロードスター

編集部より

エンジン変更とエヴォーラ顔へのフェイスリフトを受け、ついにベースモデルで500万円を超える価格帯へとアップグレードしてしまったエリーゼ。ドライバーズカーとして素晴らしい魅力を備えているのは間違いありませんが、他のライバルと比較してみました。

もくじ

ハンドリングが魅力のエリーゼ
値上がりに見合うか
エリーゼ向きのコース
最高のハンドリング
共通点の少ないZ
直線での凄まじい速さ
成り立ちの近いロードスター
価格差には納得
FF最強のライバル
走りと品質を両立

ハンドリングが魅力のエリーゼ

この年5月に英国で発売されたばかりの新型エリーゼを俎上に乗せたロードテストの記事を本誌英国版で見たときには、手頃な価格帯のスポーツカーという市場に地殻変動とでもいうべき激変が起こりつつある予兆に思えてならなかった。

今回の個体は最廉価仕様のエリーゼで、このクルマは英国史上最高のスポーツカーと形容されるにふさわしい名車であることにはほぼ異論はない。しかし今となってはあまりにパワーが低い割に価格設定が高すぎ、さらに看過できない事実としてすでに旬の時期を過ぎている、と指摘されていたのである。

1995年に登場して以来、新車市場におけるひとつのセグメントにエリーゼが築き上げた不動の地位は、本当に完璧だった。ステアリングを握る者が魔法をかけられたかのように魅了されてしまうハンドリングによって、歴代のエリーゼ各車は本来なら記憶に残ってしかるべき数々の他車を押しのけ、ロードテストランキングでベストバイの地位を長らく確保し続けてきた。

それゆえに、その結論が暗示する現実について、オートカー英国版編集部内にはしばらくのあいだ口にするのもはばかられる雰囲気があったのは確かだ。

しかし、本誌英国版が新型エリーゼをテストした結果は、ロータス最新のジュニアロードスターを手放しで推薦する行為にはもはや以前ほど説得力はなく、「手軽な価格でスリルを入手したいのなら近所のロータス・ディーラーへと直行するように」とも断言できなくなってしまっている現実を突きつけていると受け取らざるを得ない。

 
最新試乗記

人気コンテンツ