海外試乗

2019.03.14

初試乗 フォルクスワーゲンTクロス 実直なコンパクト・クロスオーバー

フォルクスワーゲンTクロス1.0TSI 115 SEL

テスト日 : 2019年3月7日

価格 : 2万1650ポンド(307万円)

文・マット・ソーンダース  

編集部より

フォルクスワーゲンの新しく最小のSUVとなるTクロス。同社の他のモデルと同様に洗練性を高め、実用性や多機能性にも不足はありません。走りの面白みという点では物足りなくても、クルマの本質は評価できる内容となっています。スペイン・マヨルカ島で試乗しました。

もくじ

どんなクルマ?
フォルクスワーゲンらしいアーバンSUV
どんな感じ?
見かけ以上に広い車内空間と良質なインテリア
輝く乗り心地やハンドリング
「買い」か?
質実的で真面目なクロスオーバー
スペック
フォルクスワーゲンTクロス1.0TSI 115 SELのスペック

どんなクルマ?

フォルクスワーゲンらしいアーバンSUV

現在の自動車産業を見ていると、小型車を成功に導くには、ややボディが大きく背の高いモデルを生み出す必要があるようだ。つまり国際市場において、コンパクトカーから充分な収益を得るには、小ぶりなクロスオーバーをラインナップさせるのが手っ取り早いということ。

事実、欧州では車高を上げた5ドアモデル、SUVの市場は過去5年間で2倍にまで拡大している。たとえ世界最大級の自動車メーカーであっても、この魅力的な市場を無視する訳にはいかないはず。他メーカーが収益を上げてゆく中で、フォルクスワーゲンはいつものとおり、充分に自社のプロダクトの立ち位置や、どうあるべきかを熟考したようだ。

クラスでの中価格帯に焦点を当て、サイズやスペックもど直球。それがフォルクスワーゲンTクロスとなる。フォルクスワーゲン・ポロよりも全長は数センチ長く、全高は150mmほど高い。全幅は同クラスのSUVの中では最も狭い1756mmとなっている。フォルクスワーゲンによれば、オフローダーというよりもアーバンSUVとして、都市部での使用を前提としており、四輪駆動モデルはラインナップされていない。

2種類の出力設定を持つ1.0ℓの3気筒ガソリンターボ・エンジンに、6速MTか7速デュアルクラッチATが組み合わされ、フロントタイヤを駆動するモデルが、当面は英国での選択肢となる。今回われわれが試乗したのは、よりパワフルな115psを発生する1.0TSI 115 SELというグレードだった。

next page見かけ以上に広い車内空間と良質なインテリア

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ