【サイズ感評価】VW「Tクロス」 2021年上半期最も売れた輸入車SUVに

公開 : 2021.10.01 06:05

フォルクスワーゲンは、「Tクロス」が2021年上半期の輸入車SUV登録台数において第1位を獲得したと発表しました。

TクロスTロックが1-2位に

編集:AUTOCAR JAPAN編集部

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「Tクロス」の2021年上半期(1月~6月)における登録台数が5193台となり、輸入車SUVカテゴリーにおいて第1位を獲得したと発表した。

また、2020年6月に発売を開始したクロスオーバーSUV「Tロック」は、同期間における登録台数が3854台となり、輸入車SUVカテゴリーにおいて第2位となった。

フォルクスワーゲンTクロス
フォルクスワーゲンTクロス

「Tクロス」は、フォルクスワーゲンのSUVシリーズの中で最も小さなSUV。日本の道路環境にマッチしたボディサイズによる取りまわしの良さやラゲージルームの広さなどの実用性の高さなどが魅力。

「Tロック」は、クーペのように流麗なボディスタイルを有したスタイリッシュなデザインが特徴なクロスオーバーSUV。力強いデザインや見晴らしの良さ、さらに街中での取りまわしの良さやスポーティな走りが魅力。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
×