[ABARTH 124 spider]なぜワクワクする?竹岡圭が検証

試乗 新型BMW Z4 sドライブ20iスポーツ ハンドリングは要改善

2019.03.21

100字サマリー

BMWの新型ロードスター、Z4のエントリーグレードであるsドライブ20iスポーツに試乗しました。BMWは新型Z4のスポーツ性に重点を置いて開発したとのことですが、スタンダードなサスペンションを試す限りではハンドリングには改善の余地がありそうです。

もくじ

どんなクルマ?
エントリーグレードに試乗
エンジンは3種類

どんな感じ?
十分な室内空間
スタンダードサスはクルーズ向き
レスポンスと経済性は良

「買い」か?
Mスポーツに期待

スペック
BMW Z4 sドライブ20i スポーツのスペック

どんなクルマ?

エントリーグレードに試乗

エントリーレベルのロードスターとして設定された新型Z4 sドライブ20iはBMW車の中でも甘美なハンドリングを持つことが期待されている。ということは、あらゆる車の中でもトップレベルのハンドリングを備えるに違いない。

以前行ったM40iプロトタイプの試乗からもわかる通り、BMWはこの3代目Z4の開発にあたり先代以上のスポーツ性を追求している。

変更点は多数確認できる。サスペンションは見直され、アルミニウムの割合が増加したほか、リアには新しい5リンク式が装着されている。エンジンは車両の重心近くに配置され、フロントのトレッドは98mmも拡大された。それと同時に、アルミとスティールで構成されるプラットフォームの剛性強化のためホイールベースは26mm短縮されている。これはBMW5シリーズや新型のトヨタ・スープラとも共有されるものだ。

もうひとつの重要な変更点は、ランフラットタイヤをやめミシュラン・パイロット・スーパースポーツをを装着していることだ。グリップが過剰かどうかは追って検証したい。ただし、FRレイアウト、均一な重量配分、より中央に近い着座位置など古典的なスポーツカーらしさを取り戻した点は期待できる。

 
最新試乗記