ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

1970年代の名車 オレンジ色の個性派 BMW CSi アルファ・ロメオ・モントリオール

2019.06.18

英国ではCSLよりCSiの方がレア

マニュアル・トランスミッションにキャブレター仕様の3.0 CSなら、最高速度は209km/h。4速マニュアルに、ボッシュ製のDジェトロニック・インジェクションを搭載したグレードなら、225km/hまで引っ張ることができた。

202psを発生させたBMWの大型クーペは7.2ℓエンジンを搭載したジェンセン・インターセプターなどと同じクラスに属していたが、燃費も良好。ジェンセンが4km/ℓ前後だったのに対し、丁寧に運転すれば7km/ℓくらいで走れた。

近年、コレクターの間ではBMW CSLの人気が高まっている。CSのツーリングカー選手権のホモロゲーション用のスペシャル・グレードで、軽量化のためにデリケートなアルミニウム製のボディパネルに細身のバケットシートを持ち、当時はあまり買い手がいなかったクーペだ。英国に導入された右ハンドル車は、特に軽量というわけでもなく、標準グレードのCSiとスピードも大差ないもだったのだけれど。

面白いことに、英国に導入された右ハンドルのCSiが売れたのは215台。一方で右ハンドル仕様のCSLは500台の限定生産だったのだが、結果としてCSiの方がレアなグレードとなっている。さらに驚いたのが、アルファ・ロメオ・モントリオールの右ハンドル車が180台も作られていたという事実。右ハンドル用のコンポーネントを収めるため、専用のエグゾースト・マニフォールドまで設計しているのだ。

アルファ・ロメオのボンネットを開けると、大きなエアクリーナー・ボックスの下に、4カムが納まったヘッドが隠れている。それを取り除くと、90度のVバンクの中央に長くクロスオーバーした形状のインテークマニフォールドと、スピカ社製のインジェクション・ポンプが露出する。美しい。

アルファ・ロメオの車内は居心地がいい。ドライバーズシートの眼の前には、大きな円形のメーターパネルが並び、ぎっしりと計器が埋め込まれている。シンプルなデザインに警告灯が並ぶBMWのインスツルメント・パネルとは対象的。

ドライビングポジションはかなり背もたれが倒れた状態で、腕はまっすぐ伸ばさないとステアリングホイールに届かない。しかしペダルは驚くほど手前についている。私は今まで一度も付いているのを見たことがないが、モントリオールのパワーウインドウはオプションだった。それに、このクルマにはエアコンも付いていない。

 
最新試乗記