[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

3.0L V6ディーゼル+ハイブリッド アウディS4 試乗 346ps 広がるSの変化

2019.08.11

100字サマリー

S4もついにガソリンエンジンから惜別。新しいS4には、V6のTDIディーゼルエンジンにマイルドハイブリッドが組み合わされます。ディーゼル・ハイパフォーマンス・サルーンという新しい魅力を評価しました。

もくじ

V6ディーゼルターボ+マイルドハイブリッド
アウディのSで進むパワープラントの変化
2500rpm以上で噴火するように溢れるパワー
気になるディーゼルの受け止められ方
アウディS4のスペック

V6ディーゼルターボ+マイルドハイブリッド

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

アウディS4が、343psを発生する4.2LのV8エンジンを搭載していた時代は、それほど昔ではない。アウディのSモデル群が魅力的なV8エンジンを搭載していた頃を、いま時代錯誤だったと強く感じることはないと思う。少し前のC6世代のS6には、435psを発生するランボルギーニ譲りの5.2LV型10気筒エンジンをフロントに搭載していた。時代の変化は早いものだ。

その魅力的だったエンジンたちは、アウディのSのモデルの中にはほとんど残っていない。Sからさらに強化されたRSモデルでさえ、10気筒エンジンを搭載しているクルマはRS8くらいないようだ。かつて自然吸気のV型8気筒エンジンで風を切っていたRS4やRS5でさえ、性格を変えてしまった。

しかしそれが世界の流れではある。意識の変化にあわせて優先順位も変化し、クルマはそれに適応していく必要がある。新しいアウディS4に、先代の3.0LV型6気筒ガソリン・ターボエンジンにかわって、3.0LのV型6気筒ディーゼルエンジンにマイルド・ハイブリッドが組み合わされた理由でもある。

この流れは、アウディがほかのSモデルへも与えているものと同じ。新しいS6とS7にもディーゼルエンジンが搭載された。最近発表されたSQ8には、4.0LのV型8気筒エンジンが搭載されているが、燃料は軽油。まもなく登場するSQ7にも搭載されることだろう。それらのクルマにも、マイルド・ハイブリッドシステムが搭載されている。欧州市場では今後、S8が唯一のガソリンエンジンを搭載するSモデルとなるだろう。

 
最新試乗記