【一番のお値打ちモデル】ポルシェ718ボクスターGTSへ試乗 NAフラット6復活

2020.02.21

走りと乗りやすさの絶妙なブレンド

GTSの真価といえるのが、ボクスター・スパイダー並みのパフォーマンスとハンドリングを、日常的な走りやすさの中で両立させていること。

穏やかなの減衰力のおかげで、乗り心地は日常の許容範囲にあり、幅の狭いタイヤと柔らかいブッシュ類のおかげで、タイヤが受ける路面からの影響も小さい。サスペンションが発するノイズも小さく抑えられる。

ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(欧州仕様)
ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(欧州仕様)

車内には標準シートと充実した標準装備が残され、快適性は一枚上手。そして何より、ケイマンもボクスターも、GTSはハードコアなGT4より1万ポンド(143万円)もお手頃だという点も、見逃せない事実だ。

このクラスのオープン・スポーツカーが欲しいのなら、718ボクスターGTSはオススメのモデルとなる。純血ユニットといえるフラット6と、日常的な乗りやすさとスリリングなドライビングとの絶妙なブレンドが完成している。

ここ10年間のスポーツカーの中で、ポルシェ718ボクスターGTSとケイマンGTSは、一番のお値打ちモデルといっても過言ではないだろう。

ポルシェ718ボクスターGTS 4.0のスペック

価格:6万5949ポンド(943万円)
全長:4379mm
全幅:1801mm
全高:1281mm
最高速度:292km/h
0-100km/h加速:4.5秒
燃費:9.1km/L
CO2排出量:246g/km
乾燥重量:1405kg
パワートレイン:水平方向6気筒3995cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:400ps/7000rpm
最大トルク:42.7kg-m/5000-6000rpm
ギアボックス:6速マニュアル

 
最新試乗記

人気記事