2017年モデルのフォルクスワーゲン・ゴルフR、10psアップの310psに

2016.12.24

2017年モデルのフォルクスワーゲン・ゴルフRのセールスがドイツ本国でスタートした。エンジン・パワーが従来よりも10psアップされた310psとなったのが最大の特徴だ。

2017年モデルのフォルクスワーゲン・ゴルフRは、2.0ℓ4気筒ターボ・ユニットが、これまでの300psから10psアップした310psになった。これで、ゴルフGTIクラブスポーツSやシビック・タイプRに並ぶピーク・パワーを得ることになった。また、トルクも2.8kg-mアップの40.8kg-mとなった。

7速DSGとのセットで、0-100km/h加速はこれまでよりも0.3秒速い4.6秒に、またゴルフRエステートも0.2秒速い4.9秒となった。現時点では6速マニュアル・モデルのパフォーマンスは公表されていないが、従来の5.3秒よりも当然ながらタイムを短縮してきたと思われる。

エンジンのパワー・アップに加え、2017年モデルはLEDライトとリスタイルされたバンパーを持つ。また、キャビンには12.3インチのモニターが採用される。インフォテインメント・システムもアップデートされ、Apple CarPlayとAndroid Autoとの連携が可能となった。

この新しいゴルフRは、既にドイツ本国ではオーダーが可能で、他の地域でも間もなく販売が開始されることになる。価格は僅かに旧モデルよりもアップし、£31,685(460万円)からという値付けになっている。

 
最新海外ニュース