ニュース

2018.09.11

ボディ・スワップ対応 M・ベンツ「ビジョン・アーバネティック」 未来の自動運転バン

編集部より

メルセデス・ベンツが、未来の商用バン・コンセプトを発表します。シャシーは自動運転で動き、ボディは複数タイプを用意。貨物輸送だけでなく、ヒトを運ぶライドシェアにも使えます。

交換式ボディの自動運転バン 画像8枚

メルセデス・ベンツの商用車部門が、新しいコンセプトカーを公開した。来週ドイツのハノーバーで開催される2018年国際商用車ショーで正式な発表が予定されている。

ビジョン・アーバネティックと名付けられたこの新しいコンセプトは、人間を運ぶことと貨物を運ぶことの区別をなくそうとしている。異なるボディを組み合わせられる電動スケートボードのようなシャシーを採用。広々としたライドシェアリング車としても、貨物輸送車としても利用できる。

ビジョン・アーバネティックをライドシェアリング車として使う場合の定員は12人だ。

一方、貨物モジュールは上下2層に区切ることができ、容量10㎥の荷積みスペースには最大10個の物流用パレットを積み込める。全長5140mmの車両には、長さ3700mmまでの貨物を載せることができるという。
 

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ