ニュース

2019.05.23

自動駐車支援「DSパークパイロット」日本導入 DS7クロスバックに 動画

編集部より

DSが、自動駐車支援「DSパークパイロット」を日本導入! フラッグシップSUVのDS7クロスバックに搭載され6/1に発売。50秒の動画をご覧ください。

縦列駐車/並列駐車 どちらも

プジョー・シトロエン・ジャポンは、DSオートモビルのフラッグシップSUV、「DS7クロスバック」に駐車支援機能のDSパークパイロットを搭載すると発表した。あわせて価格改定を行い、6月1日に発売する。

フランスのラグジュアリーカーの復権を担うDS7クロスバックは、今回の「グランシック」の仕様変更で、DSブランドのアヴァンギャルド性、先進性を機能面で補完する自動駐車支援システム「DSパークパイロット」を追加した。

同システムを使用すれば、ドライバーはステアリングホイール、アクセルペダル、ブレーキペダル、前後進シフターに触れることなく、縦列駐車と並列駐車のどちらでも自動で行うことが可能になる。

なお、ステアリングホイール、アクセルペダル、ブレーキペダル、前後進シフターのすべてを自動で行うこの機能は、CセグメントのSUVとしては世界初になるとDSは説明している。

なお、DSパークパイロット搭載車は従来型のシフトレバーのマニュアルモードのボタンがシステム起動スイッチとなる。このため、マニュアルモードの選択はドライブモードセレクトスイッチから行う形に変更されている。

本システムを解説する50秒の映像を、ここでご紹介しておきたい。

 
最新海外ニュース