ニュース

2019.06.16

人生の休憩時間 「名車再生!」元有名司会者エド・チャイナの生き方

編集部より

日本でも有名な「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ」でメカニックとして活躍し、自走式ソファーの製作などで有名になったエド・チャイナの彼の現在を取材しました。テレビへの出演をやめた今も彼らしい自由気ままな生活を謳歌しているようです。

もくじ

超有名クルマ番組の元司会者
プロデューサーとの意見不一致
自由気ままな生き様
溢れ出る新たなアイデア
プレゼンターよりプロデューサーに
今の生活を楽しむ

超有名クルマ番組の元司会者

世界的に有名なクルマ番組の司会者が、制作陣との揉め事により降板に至ったのをご存知だろうか。彼は今何をしているのかを取材した。しかしあいにく、ここで取り上げるのはおそらくあなたが考えるBBCの某番組ではない。

そう、その番組とはウィーラー・ディーラーズ(名車再生!クラシックカー・ディーラーズ)である。2003年から13シーズンに渡ってエド・チャイナとマイク・ブルーワーが司会を務め、3億5000万人もの視聴者がいるとされている。

前述の揉め事とは、番組の進行についての意見の相違である。決して酒絡みの暴力沙汰などではない。2m近い身長を持つ彼は「紳士的な巨人」と呼ばれる温和な性格なのだ。番組の構成はシンプルだ。ブルーワーが仕入れてきた廃車を、メカニックのチャイナがレストアして販売するというものだ。

この番組は大成功を収め、英国からハリウッドのお膝元であるカリフォルニア州ハンティントンビーチへと拠点を移した。チャイナはジェイ・レノのコレクションを個人的に尋ねたり、ヴァン・ヘイレンの元ボーカルであるサミー・ヘイガーのファンであるとも語っている。

 
最新海外ニュース