人生の休憩時間 「名車再生!」元有名司会者エド・チャイナの生き方

公開 : 2019.06.16 18:50

プロデューサーとの意見不一致

彼が番組を降板したとき、プロデューサーらはその理由についてチャイナが「他のプロジェクトへの参加のため」と説明していた。それについて彼は顔をしかめた。実際のところは新たなプロジェクトなんてものはなく、作業場のシーンを減らすよう要求してきたプロデューサーとの折り合いがつかなかったことが理由だ。

一方のブルーワーは、チャイナのエゴや能力について苦言を呈していた。チャイナは彼について「マイクとわたしは撮影時にはうまくやっていました。わたしはあの雰囲気を気に入っていましたし、彼にはうまくやってほしいと願ってます」と語る。ブルーワーはアント・アンステッドとともにハリウッドで番組を続けている。

「(ハリウッドでの生活は)夢の中のようでしたよ」とチャイナは振り返る。「素晴らしいものでしたが、いつまでも続く現実とは思えませんでした。ビーチのすぐそばに住むのは素晴らしいものです。クジラが泳ぐ姿を見ることもできました。朝食を食べに出かけ、夕方にはアイスクリームを食べ、絶景の中をドライブするのです」

「わたしも妻のイモジェンもそれを気に入っていました。非常に特別な生活でしたが、なんというか、少し現実離れしていたのです。あの生活を楽しんでいましたが、冷静に考えてみればそれを一生続けることなどできないのです」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事