車名に秘められたゆえん 23選 前編 アルファ「ミト」からVWの「気象の名前」まで

2019.06.22

ダッジ・チャレンジャー/チャージャー/デュランゴ「SRT」

ダッジ社製のクルマで最強グレードに与えられるのが、SRTという称号。チャージャーやチャレンジャーには、ヘルキャットと呼ばれるはいチューニングのV8エンジンを搭載する。6.4ℓヘミユニットを搭載するデュランゴSRTは、0-400mを12.9秒で駆け抜ける運動神経を持ったファミリー向けのSUV。2014年にはダッジの独立したブランドとしてプロモーションされるようになった。このSRTだが、ストリート&レーシング・テクノロジー(Street and Racing Technology)の略となる。

そのSRTを象徴するエンジンとなるのがヘルキャット。エンブレムには地獄からはいでてきた猫のような獰猛なイラストが描かれている。しかしもとを辿ると、第二次世界大戦中にアメリカ空軍が使用していたグラマンF6F戦闘機の愛称、ヘルキャットから借用したものだという。

 
最新海外ニュース