BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2019.06.24

改良新型BMW 7シリーズ日本発売 ハンズ・オフ/リバースアシスト 価格1090万円〜

編集部より

BMW 7シリーズがマイナーチェンジを受けて日本発売。高速道路のハンズ・オフ運転支援機能、リバースアシストなど注目の先進装備を搭載します。画像15枚。

画像はすべて欧州仕様です

PHEV車に直6エンジン

BMWは、2015年にフル・モデルチェンジしたBMW 7シリーズの改良新型を、日本発売した。

デザインの変更、高性能3眼カメラを含む最先端の運転支援システムを搭載するのがトピックだ。

今回の新型モデルでは、ラグジュアリー性と存在感を高めるべく、デザインを刷新。約40%大型化したキドニーグリルはフロント・ライトと連結するように配置することで存在感あるデザインを実現。リアエンドは、細く水平に伸びるリア・ランプと、その上に装備された水平直線状のクローム加飾ガーニッシュにより、優雅な印象を際立たせた。

ボディサイドは、厚みを増したボンネットと、ボディ下部のクローム加飾が、洗練された高級感を演出している。

インテリアには新しく12.3インチのディスプレイを備えた最新のフルデジタル・メーターパネルが装備されるとともに、AI技術を活用したBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを搭載。自然な音声会話で車両の操作、情報へのアクセスが可能となるなど、高い機能性を備えている。

走行性能面では、プラグイン・ハイブリッド・モデルに新たに最高出力286ps/5000rpm、最大トルク45.9kg-m/1500-3500rpmを発揮する直6ガソリン・エンジンを装備。新型BMW 745Le xドライブには4輪駆動システム「BMW xドライブ」を搭載した。

また、新型BMW 750i/750Li xドライブは最高出力81psプラス、最大トルク10.2kg-mプラスを実現し、大幅に走行性能を向上している。

注目は2019年夏以降、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の設定だ。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ