海外試乗

2019.04.08

試乗 BMW 7シリーズ 750Li xドライブ G11型、壮観な車内と走りを両立

BMW750Li xドライブ

テスト日 : 2019年4月2日

価格 : 6万3240ポンド(916万円)

文・リチャード・レーン 

編集部より

BMWのフラッグシップ・サルーンがLCIでアップデート。人目を引くエクステリアデザインにラグジュアリーなインテリアデザインをまとい、最大の自動車市場での人気獲得を狙います。ポルトガルで4.4ℓ V型8気筒エンジンモデルの完成度を確かめました。

もくじ

どんなクルマ?
ラグジュアリーさとハンドリングの両立
0-100km/h加速は4秒
高い風格を目指したエクステリア
どんな感じ?
安楽でありながら、安楽過ぎない
期待を裏切らないハンドリング
主要市場志向のフロントグリル
「買い」か?
ドライビングフィールでは負けない
スペック
BMW750Li xドライブ(標準ホイールベース)のスペック

どんなクルマ?

ラグジュアリーさとハンドリングの両立

一般的には難しいことながら、相反することが成立するという点で、BMW7シリーズはクルマの中で最も偉大な存在だといえるかもしれない。外界から隔離された高水準でのラグジュアリーさと、リムジンでありながら、ステアリングを操作する自信を感じさせてくれる素性の良さを両立させている。しかも2トンを超える車重に、5mを軽く超える全長を備えていながら。

メルセデス・ベンツSクラスやアウディA8の場合、突出した洗練性にエネルギーを集中させれば、不満はさほど出ないだろう。しかしBMWの場合、ラグジュアリーとダイナミクスを兼ね備えるという伝統のブランドイメージを崩すわけにはいかないのだ。フラッグシップとなればなおのこと。少なくとも新しい7シリーズの概要を知らずとも、読者や読者の運転手が俊足自慢のクルマが欲しいと考えているなら、BMWを買えば満足できると思う。

7シリーズの概要を見ていこう。まず、オプションのインテグラル・アクティブステアリングが選択できる。フロントタイヤの舵角を、走行速度に応じて自動で調整してくれるだけでなく、高速域では安定性を高めるために後輪も同位相に切らえる。また7シリーズの場合より重要となると思うが、低速域では回頭性を高めるために、逆位相に後輪が舵を切ってくれる。また、前期モデルに搭載されていたマルチモード・セルフレベリング機能の付いたエアサスペンションを、大幅に手の入ったLCI(ライフサイクル・インパルス)後の7シリーズにも採用している。

next page0-100km/h加速は4秒

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ