[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

フェラーリF8トリブート、日本導入 新型V8クーペのスペック/内装/エンジンを解説

2019.06.25

フェラーリF8トリブートの内装

コックピットもまた、フェラーリのミドシップ・ベルリネッタの伝統を継承するデザインでまとめられている。基本的には488GTBの発展型といえるもので、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)を進化させている。

エアベントは新しいデザインとなる円型に変わり、アルミニウムのフレームに収められた。ダッシュパネルにはカーボンファイバー・パネルを配し、パッセンジャーの正面には、オプションでスポーティな雰囲気を高める8.5インチのタッチスクリーン式ディスプレイがオプションで装備できる。

ドライバー正面のクラスター内にはクラシカルなアナログ表示の大径レブカウンターを中央に配し、その両側に速度計を始め各ゲージ類やドライビング・データなどを表示することができる。

ステアリング・ホイールもリデザインされ、センターパッドが小さくなり、マネッティーノを始めとする機能に変わりないが、新たに電話機能のスイッチがスポーク部に追加されている。

フロアコンソールではリバース・ボタンやオートマティック・モードをセレクトするブリッジも新デザインのスリムな形状に変えられている。

 
最新海外ニュース