BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.06.21

初試乗 フェラーリ488ピスタ・スパイダー 100kg増 NAの甲高い咆哮が懐かしい

フェラーリ488ピスタ・スパイダー

テスト日 : 2019年6月5日

価格 : 28万7850ポンド(4173万円)

文・マット・プライヤー 

編集部より

フェラーリ488の空力性能を磨き、ダイエットに励んだ488ピスタにスパイダーが登場しました。クーペボディの488ピスタと比較すればハンドリング精度で若干劣るものの、オープントップのスーパーカーの中でも満足は最高峰といえます。イタリア・モデナで試乗しました。

もくじ

どんなクルマ?
488ピスタ・スパイダーはドリームマシンとなり得るか
どんな感じ?
フォールディング・ルーフでピスタの軽量化分を相殺
マクラーレン並の剛性確保は難しい
10点満点のクーペに対して、9点のスパイダー
「買い」か?
現時点では最高峰クラスの選択肢
スペック
フェラーリ488ピスタ・スパイダーのスペック

どんなクルマ?

488ピスタ・スパイダーはドリームマシンとなり得るか

数ヶ月前、わたしは同じモータージャーナリストなど自動車に絡む仕事をしている数人へ、こんなアンケートをしてみた。自分にとって、理想といえるドリームマシン3台の組み合わせとは何か? その答えは非常に多岐に渡った。とはいえ、やはりとでもいうべきか、仕事柄レンジローバー各種やアウディRS6アバントは筆頭。荷物も詰める全天候型で、速いという理由が大きい。そしてポルシェ911の各グレード。

その中に、フェラーリ458スペチアーレ・アペルタというモデルが含まれていて、思わず目を引いた。2014年に発表となった、499台の限定モデルだ。エンスージャストにはたまらない、ミドシップにNAのV8エンジンを搭載する、オープントップ。4.5ℓのV8エンジンは天にまで登る勢いの9000rpmで605psの最高出力を発生させた。

今回の488ピスタ・スパイダーの先代に当たるクルマだといえようか。どちらも生産台数が限られた、V8をミドシップする、オープントップのスーパーカーとなる。しかし、488の場合は自然吸気ではなくターボチャージャーで過給されている。

メカニカルな部分では基本的にピスタ・クーペと同じ。最高出力720psを発生させる、今日のスーパーカーの中でも最高傑作の1台。しかし、電動で上下するハードトップを装備するのに合わせて、車重は1485kgと、100kgほど増えてしまっている。

ドリームマシンとなり得るのか、走りの変化を確認してみよう。

 
最新初試乗

人気コンテンツ